• 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは
  • 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング
  • 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 

日本は本格的に超高齢社会に突入します。
2015年9月、65歳以上の割合は過去最高の26.7%を突破。2035年には3人に1人が高齢者となることは、周知の事実でしょうか。

 

世界でも類を見ない日本の高齢化の進行。こうした超高齢社会がもたらす課題は、深刻で、一言では書き表せません。

 

少子高齢化の進行に付随して、人口も逆ピラミッド型へ変化。超高齢化と人口減少は、社会にも大きな影響を与えるのです。

 

その1つは、そもそもの国力の低下をもたらすこと。例えば、看護師や医師、介護職員などの医療業界の人材不足。
社会保障費の増大。
介護負担の増大。

 

考えただけで、憂鬱になりませんか。

 

今の若い世代に、高齢者と言われる65歳以上になりたいかと質問したらどんな反応があるでしょう。前向きな気持ちにはなれないような気もしませんか。現に私の考える未来は薄暗いのです。

 

だったら、若い世代が自分たちの未来を変えればいい。私はそう思います。

 

皆様はご存知でしょうか。人手不足と言われている医療・介護・福祉業界で働く人の約8割が女性であることを。

 

離職率も高く、平均年齢も高いこの業界の働き方改革は、急ピッチで実施していくべきだと考えています。
一刻も早く、慢性化する人手不足の負のスパイラルを断ち切るためにも、(まずは、医療・介護・福祉業界に注目をして)まさに女性目線での働き方改革の担い手となっていきたいと強く考えています。

 

このコラムでは、企画第1弾として、医療・介護・福祉業界のリアルを取り上げていきたいと思います。

 

浦和大学の先生方と一緒に進めてまいりますのでお楽しみに!

介護知識の関連記事
  • 働き続ける職員を自治体が応援!東京都の取り組みに注目!!
  • 夏本番!正しい予防方法を知って、高齢者も自分も脱水症状から守ろう!
  • 感情を大切に。認知症の方へのケース別対応方法
  • <介護の扉②>介護福祉士の資格から広がる可能性
  • 【まとめ】5大・福祉用具別ヒヤリハット事例から介護事故を防ごう
  • 他人事じゃない!介護拒否の原因・対応策を知っておこう!
  • 介護業界トラブル別解決事例~連絡が取れない身元引受人~
  • 認知症の方への対応がラクになる魔法の言葉とは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事