• 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは

介護業界での就職・転職を考えている方で、志望動機の書き方に迷ってしまう方も多いでしょう。

ポイントを押さえて志望動機を書くことで、あなたの魅力が伝わり、採用される可能性がグッと高まります。

今回は、介護業界の志望動機の書き方と例文、注意したいNGワードを紹介します。

差がつく!志望動機を書くときのポイント3つ

他の応募者と差をつけるために、志望動機で押さえておきたいポイントを3つ解説します。

なぜこの事業所を志望するのかを整理する

採用担当者にとって「なぜうちで働きたいのか」は、特に知りたい情報です。

他の事業所にはない特色をしっかり調べ、どこに共感し魅力を感じたのかを、整理する必要があります。

マニュアルにあるような表面的な言葉ではなく、あなたならではの表現で、「この事業所だからこそ働きたい」という熱意を伝えましょう。

経験や実績を具体的に盛り込む

志望動機に「この事業所に惹かれた理由」を書くだけでは足りません。
「なぜそのように感じるのか」という根拠が必要です。

これまでの人生経験や実績から、志望するきっかけとなったエピソードを盛り込みましょう。

成功体験でなく、失敗から学んだことでも構いません。
具体的であるほど、あなたの熱意が採用担当者に伝わりやすくなります。

入職後に取り組みたいことを伝える

これまでの経験を活かし、今後はどのように働きたいか、どのようにキャリアアップしたいのかを伝えましょう。

その際に「どんなスタッフを求めているか」を抑えられていると、採用担当者に刺さる志望動機にすることができます。

求人情報に「求める人物像」などが書かれている場合があるので、参考にしましょう。

【ケース別】志望動機の例文

介護職の志望動機の例文を、ケース別に5つ紹介します。

未経験から介護業界に挑戦するケース

人とかかわることが好きで、飲食サービス業に5年間、従事しています。
高齢のお客様のご来店がきっかけで、介護職員初任者研修を受講し、介護業界に興味を持つようになりました。

「介護を通して、たくさんの人の役に立ちたい」と考えており、貴事業所の理念に惹かれ、この度志望いたしました。
コミュニケーションには自信があるため、皆様の気持ちを明るくできるような、介護職員になりたいと考えています。

スキルアップを目指したいケース

前職の特別養護老人ホームで、身体介助や生活援助、レクリエーションなどの多様な業務を通して、高齢者介護についての知見を深めてまいりました。
介護福祉士の資格も取得し、より質の高い介護サービスを提供できる介護職員になりたいと考えています。

貴事業所の充実した研修制度に魅力を感じ、働きながらスキルアップができる思い、志望いたしました。
利用者の皆様の気持ちに寄り添える介護職員として、貴事業所に貢献できよう努めてまいります。

サービス提供責任者に就きたいケース

これまでの5年間、訪問介護の登録ヘルパーとして働いてきました。
このたび介護福祉士の資格を取得し、貴事業所でサービス提供責任者の仕事に就きたいと思い、志望いたしました。

サービス提供責任者に興味を持ったきっかけは、以前、サービス提供責任者の方が、まとめ役として上手に登録ヘルパーの皆さんを指導し、シフト調整をしている姿を見たことです。

サービス提供責任者としての経験はありませんが、訪問介護の経験を活かし、職員の方々と良いチームワークを築きながら、仕事に取り組みたいと思います。

転職回数が多いケース

家族の看病や転勤を背景に、これまで4回の転職をしています。
複数の事業所で、通所介護・訪問介護の仕事を経験し、さまざまな視点から介護職の役割を学ぶことができました。

貴事業所の理念「自分や自分の家族が喜ぶようなサービスを提供する」に共感し、多様な事業所で培ってきた経験や知識を活かせるのではないかと思い、志望いたしました。

なお、家族の看病と転勤は終了しました。できましたら長く勤務したいと考えています。何卒よろしくお願い申し上げます。

ブランクの期間があるケース

私は7年前まで、有料老人ホームで介護職員として5年間勤務していました。
出産を機に離職し、介護の現場から離れましたが、子どもが小学生になり育児が落ち着いたため、復帰したいと考えるようになりました。

介護職員として働くことは、学生時代からの目標でもあったため、今後も継続していきたいと考えています。
以前の勤務経験を活かしながら、一から学び直すつもりで、業務に励んでまいります。

志望動機のNGワードと言い換え例

介護業界で仕事を変える場合、きっかけには人間関係や待遇面の不満といった、ネガティブな点も含まれるかもしれません。

しかし、ネガティブな要素を志望動機に入れてしまうと、あまり良い印象を与えないため、控えることをおすすめします。

以下は、志望動機のNGワードを、ポジティブな表現に言い換えた例です。
ぜひ参考にしてください。

NGワードポジティブな表現
人間関係に不満があった一緒に働く職員と連携しながら仕事をしたい
待遇に不満があった経験とスキルが正当に評価される職場で仕事をしたい
業務負担が多かった介護業務に集中的に力を注ぎたい
将来性がないと思ったキャリアアップを目指したい

まとめ

介護業界への就職・転職時には、志望動機が成功のカギとなります。
ネガティブな要素は避け、できるだけ前向きな表現で、志望動機を書くことが大切です。

志望動機が明確かつ魅力的であれば、介護業界での新たなキャリアが拓けるでしょう。

転職ノウハウの関連記事
  • 【例文つき】介護職の志望動機で悩んだら?ポイントとNGワードを解説
  • 転職サイト「クリックジョブ介護」の担当エージェント変更方法
  • 介護職の夜勤専従デメリットとは?夜勤専従の実態や仕事内容もご紹介!
  • 大阪府の介護求人の特徴と介護職として働くメリット
  • 東京都の介護求人の特徴と介護職として働くメリット
  • 介護業界の面接で退職理由を聞かれた時の答え方のポイント
  • だから面接で落ちる!介護業界のよくある3つのダメな転職理由
  • 介護転職成功への道のり~面接・施設見学で見ておきたいポイント~

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事