• 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング
  • 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは

ケアマネジャー(以下、ケアマネ)は介護関係の資格の中でも人気のある資格であり、多くの方が受験をしています。しかしケアマネの合格率は20%と非常に低く、都道府県によっては15%を切る難関の資格です。 ここでは働きながら自宅学習したKさん(仮名)ついてご紹介していきます。

そもそもケアマネを目指した理由は?

ケアマネを目指した理由は、介護保険のことをもっと詳しく知りたいと思ったからです。ケアマネを目指そうと決めた時、私は訪問介護事業所でサービス提供責任者(以下、サ責)として勤務をしていました。サ責として、ヘルパーの段取りや手配をしたり、外部のケアマネと連携をとったりすることが主な仕事としていました。そのため、ケアマネとは非常に密接に関っていたのです。ケアマネは非常に豊富な知識を持っており、サ責よりも介護保険に詳しく、とても頼もしく見えました。

また、当時はサ責としてヘルパーやケアマネとのやり取りをしつつも、ヘルパーとして現場にも入っており、朝早くから夜遅くまで残業もあり体力的に厳しかったです。ケアマネ業務は調整や相談などの業務なので、将来的を見据えると長く続けていけるのはサ責よりもケアマネだと考えておりました。

ケアマネを受験した2010年の時は、実務経験が5年あれば受験資格が得ることができましたので、私は4年目から勉強を開始しました。取得講座もありましたが、教材などは本屋さんに沢山ありましたので、私は自宅での勉強を選択しました。

当初はどのように勉強をしていいのか分からず紆余曲折

当時のケアマネは、介護支援分野、保険医療分野、福祉サービス分野の3科目に分かれていました(現在は介護支援分野と保険医療分野の2科目)。介護福祉士を持っていましたので、福祉サービス分野は免除されており、勉強する範囲も狭いと思っていたのですが、実際勉強をしてみると非常に範囲が広かった記憶があります。

特に介護支援分野では、歴史や財政系が非常に覚えにくく、なかなか頭に入いりませんでした。そのため、最初の4ヶ月間はどのように勉強をしていいのか分からないままに、とりあえずテキストを読んでいました。しかし何度もテキストを繰り返し読んでいても、全く頭に入りませんでした。

そこでテキストを読むのを一度辞めて、思い切って過去問を解くほうに切り替えました。テキストを読んでいたにも関わらず、実際に問題を解いてみると問題を答えることができませんでした。今振り返ると「どこが重要なのか分からない」状態でテキストを読んでいたので、なかなか内容が頭に入らなかったのです。

過去問を解きはじめたことが突破口となった

始めのうちは過去問を解くことに苦戦をしていましたが、繰り返し、繰り返し何度も解くうちにケアマネ試験の問題の傾向が読み取れるようになりました。受験者にどのような知識を要求しているのかを、徐々に把握できるようになったのです。ここまで来るのに、長い道のりで、非常に厳しく、何度も挫折しそうになりました。しかし問題が解けるようになってからは、徐々に気持ち的にも楽になり、勉強も楽しくなってきました。

実際に試験勉強を通して、最初から過去問を解いてみてから、テキストを読むほうが良かったのではないかと思いました。勉強を始めた頃は「どうせ過去問を解いても分からないだろう」と、ひたすらにテキストを読んでいました。しかしそれでは何が重要なのか理解をすることができなかったのです。思い切って過去問を解いたほうが、試験の傾向も読み取れますし、効率よく学習ができました。

また、介護支援分野では全体像が掴んでくると問題が解きやすくなりますので、1項目を深く勉強するよりも全ての項目を満遍なく理解していったほうが、後々項目が繋がっているので頭に入りやすかったです。

働きながら勉強をするコツは、毎日コツコツ

ケアマネを取得する方の大半は普段仕事をしているかと思います。仕事をしながら勉強をするのは非常に難しいことであり、多くの方が勉強をする時間がないと感じているのではないでしょうか。私も実際勉強をする時間が足りないと感じていました。

そこで見つけた働きながら勉強をするコツ「毎日少しの時間でも勉強をする」ということです。毎日30分でも勉強をすることができれば、頭が常に試験に向けての状態になっていますので、気持ちが張りつめます。気持ちが緩み、勉強する手が一度止まってしまうと、なかなか勉強を再開することができないので注意が必要です。特にケアマネの試験は他の試験と比べると、勉強をする範囲は限られています。そのため毎日勉強をすることによって、どんな問題が出ても、ある程度理解することができるようになります。

勉強のモチベーションはキャリアアップした自分の姿

仕事もしながら、毎日勉強をするのは大変でした。そこで勉強のモチベーションを保つために資格取得後の自分を常にイメージするようにしていました。自分がサ責だった頃に、頼もしく思えたケアマネのように活躍をしている姿を思い描いていました。またケアマネ取得後は、当時働いていた法人内で異動をする予定でした。資格手当てや昇格の条件が良かったので、それらもモチベーションにしていました。

無事ケアマネに合格した後は、予定通りに法人内で異動をしてケアマネとして勤務をし始めました。ケアマネの資格を取得したことで介護保険全体を知ることができたので、より広い視野を持つことができたと思います。ケアマネの仕事は介護サービス関係者や、ご利用者のご家族など多くの方と関わるため神経を使い苦労することもあります。しかしながら、それ以上に高齢者の身近な存在としてサポートし、高齢者の生活を包括的に支えることができるため、毎日充実して仕事をすることができています。

▼ケアマネジャーに関する記事はコチラ♪

ケアマネ10年のベテランが教える!倍速で成長するための3つのポイント
2021.4.14
成長をするには正しい方向に向かって努力をする必要があります。それはケアマネにも同じことがいえます。ここではケアマネとして10年働いた私がみえてきた「ケアマネとして成長するため」のポイントを3つご紹介します。 自己覚知を実践する 自己覚知とはその名の通り、自分を知ることです。ケアマネジメントをする上で...…
実例で考える!ケアマネが遭遇するよくある悩みとその解決方法
2018.11.29
ケアマネとして働いていますとどうしても困難な悩みが出てきます。ケアマネは基本的に一人で行動をすることが多いですので、悩みにぶつかってしまいますと相談できる人があまりいません。 ここではケアマネ歴10年の私に実際に起きたケースを紹介しながら、ケアマネがよくぶつかる悩みとその解決方法についてご紹介してい...…
忘れられない利用者様~新人ケアマネが出会ったAさん~
2018.11.30
ケアマネをしていると「ケアマネ冥利に尽きるな」という経験が数多くあります。ここでは私がケアマネとして印象に残っているエピソードをご紹介します。 今回は私が新人の時に担当した一人暮らしをしていた男性のAさんについてです。 Aさんには奥さんと2人の娘さんがいましたが、認知症で暴言暴力がひどくなったA...…
ケアマネとして10年働いたからこそ伝えられる現実
2019.4.9
介護業界でのステップアップや専門知識を高めたいと考えている方なら、ケアマネを目指す人もいらっしゃるかと思います。ケアマネの仕事内容や流れは分かっても、実際にケアマネとして働く大変さって何だろう?今回はケアマネ歴10年のベテランがケアマネの仕事へのこだわりから大変なこと、辞めたくなるときなど赤裸々に語...…
ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事内容・資格・給与とは
2019.1.21
超高齢化が進む現代において、高度な専門知識を身につけ、要介護者ひとりひとりに合ったケアプランを作成するケアマネジャー(介護支援専門員)がより必要となっています。ケアマネジャーの役割から仕事の内容や範囲、ケアマネジャーになるための受験資格、給与ついてまとめました。 ケアマネジャーは介護保険のプロフェッ...…

▼「私の介護資格取得方法」はコチラ♪

≪資格≫ケアマネとして働きながら一発で社会福祉士に合格した方法とは
2019.10.9
私は介護業界で働き始めて14年程経ちます。介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を取得していましたが、社会福祉士の資格の取得も必要だと考え、10年目に社会福祉士の資格を取得しました。ここでは、なぜ私が社会福祉士の取得が必要だと考えたのか、取得までの道のりや取得後の変化などについてご紹介していきます。 ...…
≪資格≫専門学校卒業と同時に介護福祉士を取得
2021.4.15
私は介護の専門学校を卒業し、卒業と同時に資格を取得しました。実習や講義などを経て、介護福祉士を取得しています。 そんな私がなぜ介護福祉士を目指そうとしたのか、つらい実習を頑張れた理由などについてご紹介していきます。介護は今後も伸びる業界です。現在介護の仕事に興味を持っている方や、介護福祉士の資格取得...…

関連キーワード
資格取得の関連記事
  • ≪資格≫ヘルパー2級(介護職員初任者研修)介護の入門資格を取得して感じたこと
  • 介護職にオススメの認知症ケア専門士ってどんな資格?
  • 就職に有利!障がい者の外出をサポートする行動援護従業者とは
  • 元作業療法士が語る、仕事のやりがいや作業療法士になるには
  • ≪資格≫サ責、介福の私が全身性ガイドヘルパーを取得して感じたこと
  • 介護業界で働く方にオススメの資格、認知症ライフパートナー検定とは?
  • 障害のある人の支えになる存在!精神保健福祉士とは
  • スマート介護士とは?資格概要・取得メリット・取得方法をインタビュー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事