• 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは

入浴は病気予防のみならず、身体と心のリラックス効果もあるため、楽しみにされている高齢者の方が多くいらっしゃします。しかし介護職員にとって入浴介助は、事故のリスクが高く、拒否行動も出やすいため気を付けなくてはいけない仕事でもあります。そこで今回は、入浴介助の心得や手順を実際に現場で活躍している介護職員さんにご紹介していただきました。また女性ならではの気を付けたいこと、工夫していること、異性への対応についてもお聞きしました!

入浴介助の心得

入浴介助は安全第一で!

急激な温度変化や滑りやすい浴室等、入浴介助は、油断をすると介護事故につながりやすい環境で行われます。常に【安全第一】ということを肝に銘じて、利用者様から目を離さないことが大切です。入浴前・入浴中・入浴後、それぞれのタイミングで気分が悪くなっていないかを確認しながらサポートに入りましょう。

利用者様の状態観察も忘れずに

入浴介助は、利用者様の身体の状態を、頭から足先まで、すべて確認できる重要な時間です。入浴のサポートをしながら、肌が乾燥したり腫れたりしていないか、傷や痣ができていないか等を確認し、何か異常があればすぐに報告しましょう。

入浴時間はプライベート空間

入浴時間は本来ならば、一人で過ごすことができるプライベートな時間ですよね。身体を清潔にすることだけでなく、全身をリラックスさせることも、入浴の大きな目的です。利用者様が「恥ずかしい」と感じないように配慮したり、一人でも出来ることは自分でやってもらうようにしたりすることで、極力、【プライベートな空間】を邪魔しないように意識しましょう。

入浴介助の手順とポイント

脱衣所・浴室の準備

入浴介助を始める前に、まずは脱衣所と浴室の準備です。脱衣所は暖房器具等を使い、浴槽はお湯を張り、温度調節をします。急激な温度変化で、利用者様がヒートショックを起こすことがないように、脱衣所の温度は、自分が少し暑いと感じるくらいに調整します。

 

また、入浴介助に必要なものがすべて揃っているか、あらかじめ確認しましょう。後から足りないものがあっても、利用者様を一人で浴室に残して取りに行くのは絶対にNGです。

利用者様への声掛け、移動介助

準備が整ったら、利用者様への声掛けを行います。「○○さん、お風呂の時間ですよ」と声を掛けるのが一般的ですが、入浴拒否のある利用者様には、【お風呂】や【入浴】という言葉は使わずに、「少し温まっていきませんか?」や「さっぱりしませんか?」と声を掛けるのが効果的です。またこの際に、トイレを済ませたかどうか、体調が悪くないかどうかも必ず確認しましょう。

浴室へ移動、洗髪・洗体の準備

浴室は滑りやすいので、転倒に注意しながら移動のサポートをします。まずは自分でシャワーの温度を確認して、利用者様に「熱くないですか?」と声を掛けながら、足元からゆっくりお湯をかけていきます。この時、湯を張り利用者様の両足を浸けておくと、足先からの身体の冷えを予防することができます。

洗髪・洗体

身体が温まってきたら、頭から洗っていきます。洗髪・洗体の際には、頭皮や皮膚に異常がないかを確認しながら、やさしくこすります。高齢者の方は皮膚が弱くなっていることが多い上に、入浴中は肌がふやけているので、きつくこすらないように注意が必要です。

浴槽への移動、入浴

洗い終わったら、浴槽に浸かり、身体を温めます。浴室内の移動は転倒の危険性が一番高い瞬間です。利用者様に安心してもらうためにも、手すりの利用を促したり、身体を支えたりしながら、ゆっくりと浴槽へ移動しましょう。

 

のぼせてしまう危険もあるので、浴槽に浸かる時間は5分程度が目安です。浴槽・浴室から出るときも、バランスを崩さないように、ゆっくりと動いてもらいましょう。

着替え、水分補給や塗り薬の塗布

湯冷めしないように、手早く着替えのサポートを行います。また、皮膚科で処方されている薬等があれば、このタイミングで塗ります。入浴後は、温度や血圧の変化で体調変化も起こりやすいので、しっかり水分補給をしてもらいましょう。

現場の職員さん直伝!「入浴介助の工夫」


一般的な入浴介助の流れを説明してきましたが、実際に現場で活躍している介護職員さんが行っている入浴介助の工夫をお聞きしたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

自分用の飲み物・着替えを用意する

入浴介助は冬場でも汗をかきます。水分不足になると判断力が低下したり気分が悪くなったりして、利用者様や他の職員にも迷惑をかけてしまう恐れがあるので、自分用の飲み物を持参し、こまめに水分補給をして、脱水症を予防していました。男性や若い職員はスポーツドリンク(1~2ℓの大きいもの)、女性職員は水筒にお茶を作ってきて入れている人が多いです。

 

また入浴介助後に、そのままの服だと気持ちが悪いということもありますし、特に冬場は汗をかいたままの格好でいると、冷えて風邪をひく恐れがあるので、必ず着替えを用意していました。

備品を入念に準備しておく

限られた職員数で多くの利用者様の入浴介助をするので、手際よく進める必要があります。利用者様のケアを省略することなく、時間内に終わらせるために、準備を入念にしていました。タオル、排泄介助道具、着替え、各利用者様の入浴後の塗り薬等は、入浴時間開始前にそろえておくようにします。

常に他の職員の動きを見て、連携をとりやすくする

機種にも寄りますが、入浴介助用の車椅子は普段使っている車椅子よりご利用者様を乗せづらかったり、濡れて滑りやすくなっていたりします。そのため、入浴時はできるだけ二人以上で移動介助をしていました。なぜなら職員1人で移動介助をするよりも乗せやすく、ご利用者様の負担も軽いためです。

 

通常業務と違い、入浴担当の職員は3人しかいないので、連携を取りやすくするために、常にご利用者様だけでなく他の職員の動きも見るようにしていました。具体的には、誰が何の作業をしているかを見て、次に必要になるものを用意しておいたり、必要であればサポートに入れるように自分の作業のペースを調整していました。

使い終わったものから片づける

終業時間までに浴室の清掃と消毒まで完了させなければいけないので、後半は特に時間との戦いです。最後の数名の利用者様が入浴~着替え中に使い終わったものから掃除をしていました。また、掃除をしやすくするために、使う道具の順番も考えて利用者様の入浴の誘導をしていました。

入浴介助時のヒヤリハット事例

念入りに準備をしていても、入浴介助中に「ヒヤリ」、「ハッと」した経験は、誰しもあると思います。そこで、よくある「ヒヤリ・ハット」の事例とその解決策を3つご紹介するので、ぜひ、改めて確認してみてください。また、以下の3つ以外にも、業務中に感じた「ヒヤリ・ハット」は、スタッフ全員で共有しておくことが大切です。

目を離した一瞬の隙に...

利用者様が浴槽に入っている最中に、他の利用者様に声をかけられ、目を離してしまった瞬間に、浴槽内で利用者様の体勢が崩れ、数秒ですが湯舟に沈んでしまいました。すぐに職員が異変に気付いて大事には至りませんでしたが、認知症が進み声をあげられない方だったので、職員が気づけなかった危険性もありました。

 

【解決策】入浴中、特にご入居者様が浴槽内に入られている際は、絶対に目を離さないように徹底しましょう。また、入浴用車椅子上で体勢が崩れやすい利用者様は、椅子に備え付けのベルトだけでなくタオルを利用して補助をすることがオススメです。

滑って転倒しそうに...

軽介護度の利用者様が脱衣所から浴室へ行く際、「一人で大丈夫」と移動介助を拒否されることがありました。しかし、浴室内が濡れていたため、足を滑らせ転倒しそうになってしました。

 

【解決策】利用者様に「大丈夫」と言われても目を離さないようにして、「滑りやすいので注意してくださいね」と必ず声掛けをしましょう。転倒防止マットの上を歩くようにしてもらったり、浴室内の手すりの利用を促すことも大切です。

利用者様の肌を傷つけてしまった...

皮膚が弱くなっていた利用者様の入浴後、濡れた皮膚がふやけて、さらに弱く傷つきやすい状態になっていました。入浴用車椅子から着替え用のベッドに移るための移動介助の際、職員と利用者様の腕が擦れ合っただけで、利用者様の腕の皮膚が破けて出血してしまいました。

 

【解決策】あらかじめ入浴用の車椅子に清潔なタオルをひいておき、そのまま入浴、入浴後もタオルで全身を包み、担架のようにしてベッドに移動しましょう。肌が弱いということをスタッフ全員で情報共有し、必要であれば、複数名で移動介助に入るようにします。

入浴拒否の場合の効果的な対応

動くことが億劫な方

まずは、「しっかりサポートしますよ」と声をかけてみましょう。足が不自由な方には、無理に歩かせずに、車椅子で浴室まで行くことを提案したり、入浴自体を面倒くさいと感じている方には、「みなさんで入りませんか?」と、周りの利用者様も巻き込んで声かけをすることが効果的です。

恥ずかしがる方

周りのスタッフと協力して、なるべく同性のスタッフだけでサポートに入るようにしましょう。「今日は私たちが担当しますね」と声をかけて、同性のスタッフしか一緒に浴室に入らないことをしっかり伝えることで、利用者様にも安心してもらうことができます。

介護知識の関連記事
  • 約6割が「満足」外国籍の介護士を受け入れた介護施設の反応とは?
  • 賞与アップも期待!介護職員の目標設定と達成までのポイント
  • 【介護初心者向け】排泄介助の苦手を克服する3つのポイント
  • 介護福祉士取得で120万円?!働き続ける職員を東京自治体が応援!
  • 介護業界トラブル別解決事例~食事制限が出来ない方~
  • なぜ介護職の給料は上がりにくいのか?給料の仕組みを徹底解説!
  • 予防が大切!床ずれ(褥瘡)を防ぐ本当に大切な3つのポイント
  • 介護職員のためのストレス度チェックと効果的な解消法まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事