• 資格取得
    2019年3月開始!新たな資格「スマート介護士」とは?
  • アンケート
    あるかないかで大違い!介護現場で役立つグッズ5選◎
  • 介護知識
    腰痛に悩む介護職員へ!ボディメカニクスの活用で腰への負担を減らそう
  • 介護知識
    効果的なストレス解消法!ストレスフルな環境で頑張る介護職員へ
  • 介護知識
    介護現場で使える!秋にオススメのレクリエーションのネタ10選
  • 転職ノウハウ
    介護業界の面接で必ず聞かれる転職理由の考え方と回答例

多くの介護現場では、職員の技術向上のため「自己評価シート」を導入しています。この自己評価シートで最初に悩むのが、目標設定の方法ではないでしょうか?実は、自己評価の目標は、基本を知るととても簡単に設定することができます。そこで、この記事では「自己評価シート」の目標設定の基本についてお伝えします。

新人は「介護技術や知識の向上」を目標に!

自己評価シートを書く時に悩む「どんなことを目標にしたらよいか」。

特に、入社して間もない人の場合、日々の仕事を覚えるのに精いっぱいで、仕事を覚える以外の目標が思い浮かばないということもあるでしょう。

 

そこで、目標を立てる時にはまず、以下の3点に絞って考えてみてください。

「自分の理想とする介護職員像」
「どんな技術や知識を持った介護職員になりたいか」
「取得したい資格」

新人の場合には、特に「どんな技術や知識を持った介護職員になりたいか」がオススメです。

なぜなら、仕事をしていく中で今の自分に必要な技術や知識というのは、具体的に思い描きやすいからです。

 

「取得したい資格」も具体的で分かりやすいものの、介護の資格は経験年数が必要なものが多く、一般的に1年間の評価として使用する自己評価シートの目標としては結果が出るまで時間がかかりすぎてしまいます。

また「理想の介護職員像」は新人のうちはまだ固まっていないことが多いため、目標には不向きです。経験を重ねてからの目標にとっておいた方が良いでしょう。

目標は「具体的かつ達成できるもの」に!

大まかな目標を決めたら、今度はその目標をより具体的なものにしましょう。

例えば、「介護技術の向上」を目標にした時には、どのような技術を習得したいのかを場面や介護される人の状況に合わせて考えます。この具体的な目標を決める時には、「自分の達成できる目標」を立てることが大切です。

 

難しい目標を立ててしまうと、達成感が得られないだけでなく、仕事に自信を無くしてしまうこともあります。

新人のうちは、基本的な技術の中から習得したいものを選ぶと良いでしょう。

目標達成のプロセスは小分けにしよう

具体的な目標が決まったら、今度は目標達成のためのプロセスを考えましょう。多くの場合、自己評価シートでは1年間の目標とその達成の度合いを評価します。しかし、1年間という期間は思うよりも長いので、途中でモチベーションが下がってしまうことも。

 

そこで、オススメしたいのが、目標達成までのプロセスを細かく区切ることです。

例えば、車いすからベッドへの移乗動作技術の習得の場合には、次のように分けることができます。
・研修会に参加して基本技術を学ぶ
・先輩の指導のもとで正しく移乗動作が行える
・一人でも移乗動作を正しく行える

 

このように、段階的に細かく設定すると目標が達成しやすいだけでなく、評価もしやすくなります。正しい評価が行えると今の自分の状態を客観的に見ることができるため、次の目標をより具体的に立てることができます。

まとめ

自己管理シートは、自分を見つめなおし成長していくための大切なツールです。

自分が達成すべき目標を具体的に設定することで、自分だけでなく上司や先輩も指導がしやすくなります。

今回紹介した目標設定の基本を参考に、自分なりの目標を設定してみてください。そうすれば、1年後には見違えるほどの成長を遂げることでしょう。

介護知識の関連記事
  • あなたは大丈夫?優しい人こそ危険!共感疲労とは?!
  • 介護職初心者がつまずきやすい3つの壁と乗り越え方  
  • 介護福祉士取得で120万円?!働き続ける職員を東京自治体が応援!
  • 介護職員が知っておきたい高齢者の口腔ケアの手順とコツ
  • 介護事故を防ぐには?よくある介護事故と4つの対策ポイント
  • 他人事じゃない!介護拒否の原因・対応策を知っておこう!
  • 介護現場で役立つ!タイプ別「声かけ」テクニック8選
  • “高齢者”が65歳以上はもう古い?!日本老年医学会による再定義の提言

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事