• 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング
  • 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 

みなさんは介護マークをご存知でしょうか?介護マークは2011年に静岡県で考案されたマークで、介護中であることを周囲に知らせるために首から下げるものです。静岡県で誕生したマークであることから、お茶の葉を表す緑色とオレンジを表すオレンジ色が使用されています。そして「介護中」の「介」の字を人が人を支えるような形になっています。県内の市役所・区役所・町役場などで配られており、希望する方はどなたでも受け取ることが可能になっています。今回はこの介護マークが生まれた背景と使用方法、そしてマークの課題についてご紹介します。

介護マーク誕生の背景と使用方法

介護マークが誕生した背景には、介護中であることを周囲に理解してもらいたいという悩みがあったのです。要介助者が異性の方の場合トイレに付き添うのに困る、男性介護者の場合女性用下着を買ってくるように言われると困る、病院に連れて行った際に2人で診察室に入っていくと不審がられる、通りがかりの方に少しの時間見ていてほしい時にお願いをするのが大変など、介護者にとって困ることが沢山、、、。

 

このように、介護を行っていても、一見、介護中であることが分かりにくいため、余計な負担を被らなければいけなかったのです。そういった悩みを解消するために、介護マークが誕生しました。介護マークは、障害者や難病患者など介護全般で使用することが可能です。使用方法は簡単で、介護マークを首から下げておくだけです。

 

出典:介護マーク|静岡県公式ホームページ

介護マークの課題

出典:介護マーク|静岡県公式ホームページ

 

介護マークは一目で見て介護中と分かるようになっており、介護者にとっては周囲から理解を得ることのできる有難いツールです。しかし介護マークには課題もあります。それは認知度の低さです。

 

介護マークの取組は、静岡県でスタートし、厚生労働省へ伝わり、そこから全国の自治体に周知されました。静岡県によると静岡県以外にも、茨城県、栃木県、新潟県、長野県、岐阜県、愛知県、島根県、佐賀県が県を挙げて取組を実施しています。また他にも158の市区町村でも取組が実施されているとのことです。

 

介護マークに取り組む自治体が増え、全国へ広まってきてはいますが、まだまだ一般の市民の多くが介護マークの存在自体を認知していない現状があります。

まとめ

介護者には「介護をしていることが分かりにくく、誤解や偏見を持たれてしまう」といった悩みが数多くありました。自治体は介護マークの普及活動により力をいれ、介護マークの認知を浸透させる必要があります。
そして私達も、街で介護マークを見かけましたら、暖かく見守り、必要な時は声をかけ、皆でサポートをしましょう。

介護知識の関連記事
  • 介護職員は他人事じゃない?!腰痛になった時の3つの対処法
  • 「ラヒホイタヤ」って何?政府が検討する介護福祉士と保育士の資格統合
  • 夏本番!正しい予防方法を知って、高齢者も自分も脱水症状から守ろう!
  • 【まとめ】5大・福祉用具別ヒヤリハット事例から介護事故を防ごう
  • 人の心を癒す♪アニマルセラピーが介護の現場で大活躍!!
  • もしかして私も?介護拒否にあいやすい人の5つの特徴とは
  • 地域包括ケア実現のための!世田谷区の取り組み
  • 感情を大切に。認知症の方へのケース別対応方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
施設紹介
急に出張が入った、不幸があり遠方に行かなければいけない、といった緊急時にお年寄りを柔軟に受け入れてくれるお泊まりデイ。 他の介護サービスとの...