• 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは
  • 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング

「ホームヘルパー2級」は2013年に廃止され、「介護職員初任者研修」に改定されました。みなさんは、そもそも何が変わったのか、何が違うのか、ご存知でしょうか?なんとなく知っているという方もいらっしゃるかもしれませんが、曖昧な方も多いかと思います。 今回は「ホームヘルパー2級」と「介護職員初任者研修」の違いを紹介します。

「ホームヘルパー2級」の進化版が「介護職員初任者研修」

「ホームヘルパー2級」は訪問介護に必要な資格で、主に在宅での介護に関する知識と技術を習得するものでした。それに対し、「介護職初任者研修」は、「介護職初任者研修」は、施設での介護と在宅介護両方を想定した、施設での勤務にも役立つ資格になりました。これにより、実務者研修を経て介護福祉士へのキャリアアップを図りやすくなっています。

また、認知症に関する内容についても重視されるようになり、実務の幅を広げられるのも介護職員初任者研修のメリットです。

研修内容がより専門的な内容に変更

研修内容の大きな変更は下記の3点です。

 

・1時間の筆記試験が導入(筆記試験合格をもって、修了認定を受けられる)
・ホームヘルパー2級研修で行われていた施設実習は廃止
・その代わりに生活支援の実技実習が倍以上に拡充

 

制度の改正により修了試験が増えましたが、施設実習が廃止されたので受講の負担が軽減され、資格が取得しやすくなりました。

 

ホームヘルパー2級 介護職員初任者研修
内容 主に在宅での介護のための内容 在宅・施設を問わない幅広い内容
講義 58時間 40時間
実技実習 42時間 90時間
施設実習 30時間 なし
研修 計130時間 計130時間
修了試験 なし 筆記試験(1時間)

介護職員初任者研修の取得でキャリアアップが目指せます

介護職初任者研修は、将来的に介護福祉士になるためのキャリアパスを明確化するために2013年に制度改正がなされました。

 

介護職初任者研修

実務者研修

介護福祉士

認定介護福祉士(仮)

 

介護職の最初のステップとして介護職初任者研修が位置づけられたということです。幅広く専門的な介護の基本知識を学べる介護職初任者研修を取得し、将来のキャリアアップを目指しましょう!なお、2013年4月1日以降、ホームヘルパー2級の取得者は介護職員初任者研修の修了者とみなされています。

まとめ

介護職員初任者研修は、介護の基礎知識・技術や介護を実践する上での考え方を習得できる資格です。在宅と施設、両方の介護を学ぶことで、家庭内での介護に活かせるだけでなく 、グループホームや特別養護老人ホームなどの施設でも活かすことができるので就職にも有利です。その際に正社員や契約社員、パートなど、自分のライフスタイルに合わせて様々な勤務形態を選べます。また資格があることによって、無資格の場合より給与のアップも見込むことができます。現在介護職に就いている方も、これから介護業界に飛び込もうと考えている方も、ぜひ介護職員初任者研修を取得しましょう!

資格取得の関連記事
  • ≪資格≫サ責勤務しながら自宅学習でケアマネを取得した方法とは
  • 「福祉ロボット検定」とは?~人とロボットの共存する社会へ~
  • 介護サービスの接遇力向上に!ウェルフェア・コンシェルジュの資格とは
  • 元作業療法士が語る、仕事のやりがいや作業療法士になるには
  • 介護タクシーのドライバーに必要な資格とは
  • 介護のキャリアパス最上位資格「認定介護福祉士」とは 
  • 介護業界で働く方にオススメの資格、認知症ライフパートナー検定とは?
  • 介護業界の入り口に最適!レクリエーション介護士とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事