• 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは

無資格可・未経験可なのに安定した求人。【看護助手】にはそんな好条件が揃っています。また、患者さん・医者・看護師等、病院に関連するすべての人に携わる業務を行うため、医療・介護分野に興味がある方にはぴったりの職業です。そこで今回は、案外知られていない【看護助手】の仕事内容・給与・メリットを詳しくまとめました。

看護助手ってどんな仕事?

まず、看護助手は【看護師】ではありません。【看護師】は、採血や注射などの医療行為を伴う、国家資格が必要とされる職種ですが、【看護助手】は、医療行為には一切携わらないので、資格も必要ありません。看護助手は、「看護師が行う仕事のうち、医療行為関係以外の仕事を担う」職種なのです。具体的には、病院の設備を整えたり、患者さんの入浴・排泄・歩行のお手伝いをしたり、医者・看護師に書類を渡したりといった仕事も看護助手が行います。看護助手の詳しい仕事内容はコチラをご覧ください。

勤務地は病院で、病院に関連するすべての人やものに携わる仕事ですが、専門知識は不要なので、医療・介護業界が未経験の方でもチャレンジできる職業だといえます。

看護助手の給与は?

正社員だと月給150,000円~300,000円、パートだと時給850円~1,250円と、勤務先の状況や経験年数によって給与は変わります。

近年、残業時間を見直す各企業の風潮の影響で、看護師の負担を減らすべく、看護助手のニーズは年々高まっています。業務内容は介護職に近しいものがあるため、看護・介護職に将来的に就職したい方や以前その業界で働いていた経験があって職場復帰したい方などにも、もちろんお勧めできます。

看護助手になるとどんなメリットが?

人と接する機会が多い

なんといっても「人と接する機会が多い」ことが最大のメリットと言えます。患者さん・医者・看護師等、病院に関わるすべての人のサポートを担う仕事なので、必然的に常に人と触れ合うことになります。特に、看護師以上に患者さんの身の回りのお世話をすることから、患者さんとの距離が近く、とても感謝されるポジションです。

安定した求人がある

職場が病院なので、「安定した求人がある」のも、求職者の方にとって嬉しいポイントです。医療機関は全国にあるので、自分の希望した場所で働ける可能性が高く、不測の事態が起こりやすい子育て中の方でも安心です。

無資格で医療現場の経験が積める

さらに、将来的に医療・介護施設で働きたいと考えている方も、無資格で医療チームの一員になれるため、「現場経験が積める」というメリットがあります。

まとめ

「医療現場に気軽にチャレンジできる」というメリットがある一方、医療チームの一員としての緊張感もある【看護助手】。しかしそれ以上に、さまざまな人と接して、手助けができる、人の役に立てる仕事です。医療・介護分野におけるステップアップの最初の一歩としては最適な仕事ではないでしょうか。クリックジョブ介護では多くの看護助手の求人を取り揃えておりますので、興味のある方は、ぜひ一度、転職エージェントにご相談ください!

職種紹介の関連記事
  • 介護や病院以外にも活躍の場が広がる社会福祉士!福祉の専門家は引っ張りだこ
  • 生活相談員の仕事内容・資格・給与とは
  • 理学療法士(PT)の仕事内容・資格・給与とは
  • 看護助手と介護士(ヘルパー)の違いとは
  • 今後ますます需要が増える!?福祉用具専門相談員とは?
  • ケアマネとして10年働いたからこそ伝えられる現実
  • 看護助手の仕事内容・必要資格・やりがいとは
  • ケアマネジャーをやっていて良かったと感じること、辛いと感じる時

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事