• 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング

介護業界へ未経験や無資格、または家事や育児・介護との両立等の理由で、最初はパートスタッフとして入職したけれど「そろそろ正社員として安定的に働きたい」と考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、パートスタッフから正社員になるチャンスはあるのか、また、正社員になるためにはどうしたらよいのかを解説していきます!

介護業界における雇用形態の現状

この二つのグラフからもわかる通り、介護業界は圧倒的にパートスタッフが多く、特に訪問介護の分野は、大半を非常勤のパートスタッフが占めています。パートスタッフは、時間に縛られずに働くことができるというメリットがある一方で、やはり、給与等の待遇面を考えると、安定的に働くことができるのは正社員です。

介護業界で正社員になるチャンスはあるの?

介護業界でよくある正社員にステップアップする理由

現在パートスタッフとして働いている方の中には、「家事、育児や介護等との両立のために、あえてパートスタッフとして入社した」という方が多いのではないでしょうか?やはり、「時間に縛られずに働くことができる」ということが、パートスタッフの大きなメリットです。そこから心機一転、正社員として働こうと決心するきっかけは様々あるとは思いますが、「子育てが落ち着き時間の余裕ができた」、「より好待遇な環境で働きたい」、「資格を取得したので活かしたい」、「もっと利用者様に深く関わりたい」等の理由がきっかけになることが多いようです。

介護業界は正社員になるチャンスの多い業界!

では、介護業界でパートスタッフから正社員になるチャンスはあるのでしょうか?結論から言うと、介護業界は正社員になるチャンスの多い業界です!

介護業界は、みなさんもご存じの通り、常に人手不足の状態。そもそもの応募数の少なさや離職率の高さ等、様々な面で人材確保への問題を抱えています。そこで近年、早期離職防止や定着促進のために、正社員登用制度を設けている施設がとても多くなってきています。介護労働安定センターの調査によると、業界全体で約50%の施設が、「人材確保のために、正社員への転換の機会を設けている」と回答しています。他の業界と比べても、介護業界は、【正社員になりやすい業界】と言ってもいいかもしれません。

介護業界で正社員になるためには?

今まで見てきたように、介護業界はパートスタッフから正社員になるチャンスの多い業界です。だからといって、もちろん、じっと待っていれば正社員になれるわけではありません。ここからは、正社員になるためにはどうしたらいいのかを解説していきます。

介護の資格を取る・経験を積む

「正社員になりたい!」という方には、まず、資格を取ることをオススメします。資格を取ることで、仕事の幅が広がるだけでなく、介護業界でキャリアアップしていきたいという意気込みをアピールすることもできます。介護業界の入門とも言える【介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)】があるだけでも、正社員になれる確率が格段に高くなります。働きながらでも取得が可能な資格なので、ぜひ挑戦してみましょう!

転職も視野に入れる

介護業界は正社員になるチャンスの多い業界ですが、「職場で正社員への転換希望を出したのに、なかなか通らなかった」という声もあるのが現状です。正社員の人数制限はその施設によって様々ですが、業界全体として、正社員を増やしていく流れがあるのは明らかです。正社員として採用されることも比較的難しくはない業界なので、「今の職場でパートスタッフから正社員にステップアップ」という形だけでなく、「新しい職場に正社員として入社する」という選択肢も視野に入れておくことをオススメします。

転職エージェントからのアドバイス!

転職を機に、パートスタッフから正社員に転換された介護職員の方を沢山見てきた転職エージェントから、正社員への転換を検討されている方にアドバイスです!自分は本当に正社員が向いているのか、正社員になるには今の職場でいいのか、ぜひ一度、検討してみてください!

まずは正社員のメリット・デメリットを把握しよう

「安定的に働きたい!」という理由で、正社員への転換を希望される方が大変多いですが、良いことだけではありません。正社員になるメリット・デメリットはどんなことが挙げられるのか、しっかり確認していきましょう。

【正社員になるメリット】

・給与が上がる

・ボーナスや家賃補助等の待遇面が良い

・昇給があり、将来性がある

・職場の中心的存在・リーダーになれる

・様々な経験・責任のある仕事ができ、スキルアップにつながる

【正社員になるデメリット】

・仕事の責任が重くなる

・残業や欠員補充に入る必要がある

・ライフスタイルを施設に合わせる必要がある

正社員になるのは、今の職場か新しい職場か

上記のメリット・デメリットを確認した上で、やはり正社員として働きたい!と感じた方に、もう一つ検討してもらいたいことがあります。それは、「今の職場で正社員になるのか、新しい職場で正社員になるのか」です。と言うのも、「前の職場でも正社員になるチャンスはあったけど、あえてパートスタッフとして働いていた」という求職者の方の声をよく聞きます。その理由は、「正社員のわりに給料が低いから」、「社員がよく文句を言っているから」など。せっかく正社員になりたいという意志と時間があるのに、パートスタッフとして働き続けるのは勿体ないです。

今いる施設の正社員の給与に不満がある、または正社員になるタイミングでより良い職場環境に移りたいという方は、ぜひ一度、クリックジョブ介護にご相談下さい!!

転職ノウハウの関連記事
  • 介護業界の転職を考えている方必見!住宅手当だけじゃない、お得な制度
  • 介護職は何歳まで働くことができる?60歳70歳のシニアに年齢制限はあるのか
  • 意外な落とし穴も?!「オープニング介護求人」のメリットとデメリット
  • 介護業界歴18年の私が7回転職して分かったこと
  • 介護夜勤求人の特徴とは?転職エージェントが詳しく解説!
  • 介護業界の人事担当が教える「面接時に見る7つのポイント」とは
  • だから面接で落ちる!介護業界のよくある3つのダメな転職理由
  • 「もう悩まない!」人間関係が良い・悪い介護施設の見分け方6選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事