• 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング
  • 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介

介護業界で勤務している方であれば、これまでに体験したことのないような難しいケースに遭遇し戸惑いを感じた経験があるのではないでしょうか。ここでは、私が病院で勤務していた時に遭遇したトラブルとその解決方法についてご紹介していきます。

退院後の生活に不安を抱えるBさん

Bさんは退院が間近に迫っていましたが、一つの不安を抱えていました。それは、自宅の階段を上ることです。脳梗塞で足を悪くしたBさんは、リハビリをして杖歩行が出来るようになるまで回復をしました。通常の道路等であれば問題なく移動することが出来ますが、階段を上ることに対してはまだ不安が残っていました。

 

リハビリの先生からは、自宅の5段ほどの階段を上る為には、一度座りその状態で一段一段お尻を移動させるような移動方法を勧められました。
Bさんは「あんな格好悪い階段の上り方をしたら、近所の子から笑われてしまう」と悩んでいました。そんなBさんの自宅復帰の為に、病院の相談員から在宅でケアマネジャーをしている私に話があり、私はBさんのケアマネジャー担当になりました。

 

私は病院の職員とBさんと一緒に、Bさんの自宅へ一時帰宅をしました。どれぐらいの段差があるのか、座った状態での移動しか方法はないのか、など様々な事を検討しました。その際、私は福祉用具を専門に取り扱う業者も呼んでいました。階段を昇りやすくする福祉用具が無いのか調べてもらおうと考えていたのです。
福祉用具の業者は、簡単な工事で段差をゆるやかにする工事を提案し、Bさんはそれを了承してくれました。その後Bさんは介護保険サービスの住宅改修を使用し、費用負担1割で階段の段差を緩やかにすることができたのです。

 

Bさんの「近所の子から笑われる」という言葉から「恥ずかしい姿を見せられない」という気持ちがあるのだと感じ、出来るだけ通常の上り下りが出来るように配慮することができたのです。

介護知識の関連記事
  • 介護職員が外国人と一緒に働く際に知っておきたいこととは
  • 介護職員のためのストレス度チェックと効果的な解消法まとめ
  • あなたは大丈夫?介護職員が気をつけるべきマナー
  • 介護職員117人に聞いた!介護の仕事に向いてる人、向いていない人!
  • 効果的なストレス解消法!ストレスフルな環境で頑張る介護職員へ
  • 【介護職の服装】仕事別のおすすめ服を紹介!注意したいポイントは?
  • 【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 【介護初心者向け】排泄介助の苦手を克服する3つのポイント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
職種紹介
目次1 まずは基本的な情報2 とある一日のスケジュール3 まとめ まずは基本的な情報 私は居宅介護支援事業所で、フルタイムのパートをしていま...