• 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介

重症筋無力症、パーキンソン病、天疱瘡など、これらは代表的な難病と言われているものです。難病とは、病気の原因が不明で、治療が難しい病気のことで、社会復帰も困難とされています。

難病支援を目指して. 医療や看護と連携が取れる介護の担い手となれるよう、専門的な知識と技術を身に付けることがヘルパーにも求められています。今回は「難病患者等ホームヘルパー」の資格・お仕事内容についてご紹介いたします。

難病患者等ホームヘルパーとは?

難病患者等ホームヘルパーは、難病患者やそのご家族等の多様化するニーズに対応し、適切な介護サービスを提供するにあたって必要な知識、技能を有するホームヘルパーのことです。

取得方法と研修内容

都道府県もしくは都道府県の指定事業所(スクール)で受講可能です。
養成研修のみで資格が取得でき、試験はありません

3種類のカリキュラム内容

「入門課程」
①難病の保健・医療・福祉制度Ⅰ:難病に関する行政サービスの種類、役割、内容について把握する。
②難病入門:難病に関する正しい基礎知識を理解する。
③難病患者の心理及び家族の理解:難病患者の心理や家族に対する理解を深め、心理面での援助について理解する。
「基礎課程I」
①難病の保健・医療・福祉制度Ⅰ:難病に関する行政施策について学ぶ。
②難病の基礎知識Ⅰ:難病に関する基礎知識を学び、パーキンソン病、全身性エリテマトーデス等患者数の多い難病を医学的に理解する。
③難病患者の心理及び家族の理解 :難病患者の生活行動と心理及び家族に対する理解を深める。
「基礎課程II」
①難病の保健・医療・福祉制度Ⅱ:難病に関する行政施策について学ぶ
②難病の基礎知識Ⅱ:ホームヘルパーが業務において直面するレベルの難病の医学・保健の基礎知識について理解を深める。
③難病患者の心理学的援助法 :また難病患者に対する心理学的援助について、その視点を理解する。
④難病に関する介護の事例検討等 :難病の介護について、市町村の保健部門及び保健所との関わり方を中心に、異なる職種やサービスの連携について理解を深める。

都道府県により多少誤差はありますが、どれも1日(4~8時間)程度の講義で修了できます。

受講資格

「入門課程」…ホームヘルパー3級の方、介護福祉士の方

「基礎課程I」…ホームヘルパー2級の方、初任者研修の修了者もしくは履修中の方、介護福祉士の方

「基礎課程II」…ホームヘルパー1級の方、介護職員基礎研修終了者の方、実務者研修の修了者もしくは履修中の方、介護福祉士の方

 

介護福祉士の資格を持っていればどの講座でも受講でき、難病患者等ホームヘルパーの資格をとることができます。

サービス内容

難病や特定疾患を患い、在宅医療を行っている方を対象に、日常生活におけるサポート(生活介助)や自立支援を行います。
必要性が認められれば、入浴や排泄といった身体介助に限らず、調理や洗濯等、家事を行うこともあります。

活躍の場

難病患者が利用している訪問介護サービスでのニーズが高いといえるでしょう。

また、平成27年より国の指定難病が追加され、ホームヘルパーとしてより活躍の場が広がりました。キャリアアップを目指される方、活躍の場を広げたい方は、ぜひこの機会に受けることをオススメします。

 

難病患者等ホームヘルパーは、難病患者の心理や難病の医学的知識について理解が深められ、就活や仕事の幅を広げる際にも役立つ資格です。試験もなく一日で取得が可能なので、ホームヘルパーの方は将来のためにも持っておいて損はないでしょう。

資格取得の関連記事
  • 高齢者の方に食べる喜びを!介護食士と介護食アドバイザーの違いとは?
  • 福祉や建築の現場などでニーズ拡大!福祉住環境検定とは
  • スマート介護士とは?資格概要・取得メリット・取得方法をインタビュー
  • 知らないとマズイ!ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違い
  • 就職に有利!障がい者の外出をサポートする行動援護従業者とは
  • グループホームのケアマネが認知症介護実践者研修を受講して感じたメリットとは
  • ネイルで高齢者様をイキイキ笑顔に!福祉ネイリストの資格とは?
  • 誰でも受講可!20時間程度の研修で取得できる重度訪問介護従業者とは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事