• 介護知識
    訪問介護と施設介護の違いとは?メリット・デメリットも解説
  • 人間関係スキル
    介護職を悩ませる人間関係!辛い職場の人間関係を改善する方法とは?
  • 介護知識
    介護職員のためのストレス度チェックと効果的な解消法まとめ
  • 資格取得
    介護業界の入り口に最適な「介護職員初任者研修」ってどんな資格?
  • 施設紹介
    ユニット型特別養護老人ホーム(特養)の介護職員の仕事内容とは?
  • 職種紹介
    【施設別の特徴まとめ】私に合う介護の職場はどこ?

現場で働いている介護職員に必需品を調査しました。

現在介護業界で働く方はもちろん、介護職員の方にプレゼントや差し入れを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

介護職員の必需品は筆記用具、衛生アイテム、着替え


施設に勤務されている介護職員に必須アイテムを聞いたところ、最も多かった回答はメモ帳やボールペンなどの「筆記用具」でした。

筆記用具のエピソード
・「申し送り事項、利用者の体調の変化、緊急事項を忘れないようにメモする時に役立っている。」(宮城県/30代/女性)
・「業務内容を書き込む。同じ質問を何度もしなくて良いので、先輩から嫌がれなくてすむ。」(神奈川県/40代/女性)
・「耳が遠くなかなか言動が伝わらなかった時、大声で言うのではなく紙にボールペンで大きく文字を書いて伝えて、ご理解頂けた。」(東京都/40代/男性)

業務内容に関するメモや引継ぎにはもちろんのこと、患者様との意思疎通を図るのにも役立つようです。

また、ボールペンやメモ帳以外にも「マーカーペンがあると申し送りする際に重要点として送りやすいし引き継ぎの際もわかりやすい。」(山形県/20代/女性)といった意見や「ふせんを持っているとすぐにメモできる。」(鹿児島県/40代/女性)といったように、マーカーペンふせん、その他にもはさみを持ち歩いていると便利だという意見もありました。

 

2番目に回答が多かった必須アイテムは、バンドエイドやマスクなどの「衛生アイテム」です。

衛生アイテムのエピソード
・「バンドエイドは自分だけでなく、他のスタッフが必要な時にすぐに渡せてよかった。」(埼玉県/50代/女性)
・「衛生アイテムは自分だけでなく、他職員が困った時等にもさっと渡せる。」(京都府/20代/女性)

衛生アイテムは自分が使うのはもちろんのことですが、持ち歩いていることで一緒に働く介護職員が必要な時に素早く差し出せるのもポイント。相手が困っている時にサッと出せたら「気が利く!」と感謝されそうですね。

 

次いで介護職員が必須だと回答したのは「着替え」でした。

着替えのエピソード
・「入浴介助の際、汗だくになるので 着替えは必ず持っていく。」(愛知県/40代/女性)
・「入浴では、利用者様のシャワーを浴びたり汗で下着まで濡れるので必需品。」(神奈川県/40代/女性)
・「いつ何時、汚染されることにもなりかねないので着替えは必須。」(匿名希望)
・「着替えは必ず1組ロッカーに入れている。嘔吐、排泄、などいつ衣服に付着するか分からないから。」(福岡県/60代/女性)

介護の職場では利用者様の入浴介助や排泄介助など、衣服が汚れてしまう可能性があるため、いつでも着替えられるように常に着替えを持っておくことが必要だという意見が多くありました。

 

他にも多数の回答が得られたアイテムとしては、「コルセット」「ハンドクリーム」「髪留め」でした。

その他のエピソード
・「コルセットをすることで、重たい人を移動する時に少しでも腰の負担が減った。」(北海道/30代/女性)
・「この仕事には、腰痛はつきものなので、コルセットは腰痛がひどくなった時や予防する上で欠かせないアイテム。」(福岡県/30代/男性)
・「毎日、30人以上の方を入浴したり、排泄介助で手を洗う回数もかなりの割合であるのでハンドクリームは必須。お客さんにも、しっとりした手でのケアを心掛けている。」(大阪府/女性)
・「髪留めは時間が経って髪が乱れても利用者様を不快にさせない。特に入浴介助には必須。」(兵庫県/50代/女性)
・「髪留めは、賛否両論ありますがわざと派手なものや可愛いものをつけて利用者様との会話のきっかけや気分の彩りに使っている。」(神奈川県/50代/女性)
・「ボールペン、油性ぺん、ゴム手袋、メモ帳なんでも入って便利。」(福岡県/40代/女性)
・「色々なものが入って利用者様の要望対応力をアップすることが出来る。」(匿名希望)
・「急な外出レクに備えて、帽子、日焼け止めスプレー、スニーカーはロッカーに常備している。」(茨城県/30代/女性)
・「エプロンが必須。服が汚れないだけでなくポケットが多くあるので収納に便利。」(埼玉県/50代/女性)
・「ファブリ-ズ等々の消臭剤。排泄介助の後に尿臭や便臭が、着用衣類に付随するので。」(福岡県/男性)
・「ボディシートは入浴当番後に必須。」(栃木県/女性)

腰痛や手荒れは介護職員にはつきものの悩み。そんな悩みを軽減してくれる、コルセットやハンドクリームは多くの人が使っているようです。また髪留めは、仕事中の限られたおしゃれアイテムとして拘っているという方もいました。

 

また、ウエストポーチは筆記用具や衛生アイテムなどいくつかの必須アイテムをまとめて持ち歩くのにも活躍するようです。

 

このように各々が効率よく快適に、そして清潔に仕事をすることができるように様々なアイテムを用いていることが分かりました。

夜勤の必需品は空腹と眠気を軽減するアイテム

 

介護職員に夜勤の必須アイテムを聞いたところ、最も多かったものはお茶やジュース、栄養ドリンクなどの「飲み物」でした。次いで多かったものはおにぎりやチョコレートなどの「夜食」でした。

そのため、夜勤時は食べ物が必須であるということが分かりました。

食べ物のエピソード
・「喉が乾くのでこまめに水分補給している。夜の脱水がこわいので。」(神奈川県/50代/女性)
・「夜勤は眠むたいので、一息つく時や休憩後にコーヒーを飲む。時々小腹が空くので甘いものも食べる。」(大阪府/40代/女性)
・「お菓子は一緒に夜勤をやる人と物々交換しながらワイワイやるのも楽しみの1つ。」(静岡県/30代/女性)
・「やはり 甘いものは必需品。 仕事中はストレスがたまるので チョコは必須。」(静岡県/50代/女性)

また、おにぎりやチョコレートの他にも、手を汚さずに素早く手軽に食べられるゼリー飲料や風邪予防にもなる のど飴なども人気でした。

 

▼夜勤の差し入れで貰って嬉しいものとは?

これで解決! 介護職員の貰って嬉しい・困る夜勤の差し入れ
2018.3.14
みなさんの職場には、夜勤時に差し入れを持っていく風習はありますか?実際に現場で働く介護職員を対象とした、クリックジョブ介護のアンケートでは、「夜勤時に差し入れを持っていく風習がある」と答えた方は全体の4割もいらっしゃいました。 自分が夜勤に入っている時、差し入れを貰えたら嬉しいですよね!ただ周囲の方...…

 

次に多かったアイテムは「ハミガキセット」でした。夜食をとった後に歯を磨くことはもちろんですが、歯を磨いて口の中をリフレッシュする事によって眠気覚ましにもなるようです。

 

次いで「携帯の充電器」という意見でした。

携帯充電器のエピソード
・「1人夜勤なので、携帯で小さい音量で音楽をかけてリラックスしているから。」(北海道/40代/女性)
・「休憩時間に携帯電話を扱うことが多いので充電器は必須。また緊急の連絡には携帯電話を利用するので。」(福岡県/60代/女性)

夜勤は1人でおこなうことも多く、また時間も長いので携帯を利用する機会も多いようです。

 

また、ガムやコーヒー、目薬などの「眠気覚ましグッズ」も大活躍するようです。

眠気覚ましのエピソード
・「夜勤明けで申し送りする際にウトウトとしないため、エナジードリンクを申し送り前に飲んでいる。」(愛知県/40代/女性)
・「仮眠時間が短く睡魔が襲って来るため、エナジードリンクは、必ず持って行く。」(神奈川県/50代/女性)
・「仮眠の後に目覚ますために目薬を使用する。」(岐阜県/男性)

このように夜勤の睡魔に打ち勝つために、エナジードリンクや目薬などが大活躍しているようです。

空腹や眠気との戦いである夜勤ならではのものが必須アイテムとして多く上げられました。これらのアイテムを上手に利用して辛い夜勤も乗り切りましょう!

夏の必需品は飲み物と臭い対策グッズ

 

介護職員の夏の必須アイテムは、圧倒的に「飲み物が1番の結果となりました。

 

飲み物のエピソード
・「夏場は特に汗をかくので、水分はこまめにとらないと体力がもたないです。」(福岡県/30代/男性)
・「動き回ってのどが渇くので飲み物は常に持っていたり買ったりします。」(大阪府/40代/女性)

 

また、中には「疲労回復の為にも自家製梅ジュースを持参してます。」(埼玉県/50代/女性)というコメントも。夏場は熱中症になる可能性もあるので仕事の合間の水分補給は必須ですね。

 

2番目に多かった必須アイテムは制汗剤や汗拭きシートなどの「デオドラントグッズ」でした。

デオドランドグッズのエピソード
・「仕事中身体がベタベタする時や帰りに汗拭きシートを使いリフレッシュしています。」(大阪府/40代/女性)
・「デオドラントグッズは、入浴介助のあとの必需品です。夏は、蒸し風呂状態だから、汗沢山かいて、ベタつくので、ロッカーに置いてます。」(秋田県/女性)
・「すぐにシャワーを浴びる事が出来ないので、汗拭きシート等でスッキリさせてます。」(宮城県/30代/女性)
・「汗拭きシートはメンズ用がオススメです!女性用より大判でスースーしているので。」(神奈川県/40代/女性)
・「施設内が、お年寄りに合わせた温度で暑いので汗だくで働いている為、汗拭きシートが必需品。」(福岡県/40代/女性)
・「汗臭いとハッキリ言う利用者様もいます」(神奈川県/40代/女性)

デオドラントグッズの使用は自分がリフレッシュするためだけではなく、利用者様や一緒に働く介護職員に「臭い」と不快な思いをさせないようにとの配慮が伺えました。中でも、非常に多かった意見が「入浴介護の時に汗をかく」というもので、皆さん入浴介助後をメインに使われているようでした。

 

次に多かった必需品は「タオル」、その次に「着替え」でした。

タオル、着替えのエピソード
・「汗をかいた時に直ぐ対応出来るのでタオルは必需品です!」(宮城県/50代/女性)
・「タオルは営業で事業所を訪問する際に大活躍です。」(大阪府/40代/女性)
・「タオルは、汗をふく用と手をふく用で2枚持ち歩いてます」(栃木県/女性)
・「着替えは汗ビッショリを快適にできるから」(大阪府/50代/女性)

デオドランドグッズと併用をして、タオルで汗をふいたり、着替えをすることで、より臭い対策をしているようです。

 

その他に「日傘」や「帽子」、「日焼け止め」、「かゆみ止め」も夏ならではの必須アイテムのようです。

その他のエピソード
・「送迎業務ではハンドル焼けしますので帽子・手袋は必須です。」(兵庫県/30代/女性)
・「帽子は日焼け防止用のつばが広く、首回りにも取り外し可能なカバーが付いているものを使っています。」(大阪府/50代/女性)
・「虫除け、かゆみ止めが必須アイテムです。施設の裏が山なので夏場だけではなく、いつでも蚊等の虫がいます。」(鹿児島県/40代/女性)
・「公園を通るので虫除けは必須です。」(神奈川県/50代/女性)

このように、夏場のお仕事では暑さや日焼け対策などを大事にされている方が多いことが分かりました。様々な工夫があって参考になりますね!

 

参考になりそうなグッズはありましたでしょうか?

今回のアンケート結果で、皆さんのお仕事がより一層充実したものになる参考になると嬉しいです。

 

【アンケート実施概要】
調査対象:介護職員 男女105名
調査方法:インターネットを利用したアンケート調査
調査実施期間:2018年6月28日~2018年7月13日

転職ノウハウの関連記事
  • だから面接で落ちる!介護業界のよくある3つのダメな転職理由
  • 介護施設の看取りケアとは?看取りケアを提供する心構えと心のケア
  • 「もう悩まない!」人間関係が良い・悪い介護施設の見分け方6選
  • これだけは押さえておこう!介護業界の面接で気をつけるべき5つのこと
  • わたしが介護業界で7回転職して分かったこと
  • これがあれば間違いない!介護職員の必需品を大調査!
  • 介護業界に興味がある方必見◎介護職に転職する5つのメリット!
  • 介護業界の転職を考えている方必見!住宅手当だけじゃない、お得な制度

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事