• 資格取得
    介護業界の入り口に最適な「介護職員初任者研修」ってどんな資格?
  • 施設紹介
    ユニット型特別養護老人ホーム(特養)の介護職員の仕事内容とは?
  • 職種紹介
    【施設別の特徴まとめ】私に合う介護の職場はどこ?
  • 介護知識
    訪問介護と施設介護の違いとは?メリット・デメリットも解説
  • 介護知識
    介護職員のためのストレス度チェックと効果的な解消法まとめ
  • 人間関係スキル
    介護職を悩ませる人間関係!辛い職場の人間関係を改善する方法とは?

口腔内を清潔に保つことで、美味しく食事を楽しめるようになり、体全体の健康を保つことができます。自力で口腔環境を整えることが難しい高齢者の場合は、介護職員が代わりに行う必要がありますが、口腔ケアを苦手だと感じる介護職員も多いです。そこでここでは、口腔ケアの方法や、コツをご紹介します。口腔ケアの手順とポイントを把握しておきましょう。

口腔ケアの手順

どのような手順で口腔ケアを行えばいいのか、確認しましょう。

残渣物を除去する

食後に口腔ケアを行うのが一般的です。

まず口腔内に残った残渣物を除去するため、うがいをします。少量の水を口に含んでもらい、ぶくぶくと口の中で水を動かしてもらいます。

 

その際、多くの水を口に含んでしまうと、口腔内で水を動かすことができません。そのため、30ccほどの少量の水を含んでもらいましょう。また水を吐き出してもらう際は、衣類が濡れないように必要に応じてガーグルベース(口腔衛生汚物受小型ベースン)を使います。

うがいは2、3回ほど、吐き出した水に残渣物が残っていない状態までします。

歯の清掃

残渣物が無くなりましたら、次は歯の掃除をしていきます。義歯を使用している場合は外して、歯ブラシで優しく磨きましょう。利用者様の口腔内は傷が付きやすく、傷が付いているとそこから雑菌が入り炎症の原因となりますので、できるだけだけ優しく磨くようにしましょう。

 

ポイントとしては、小刻みに歯ブラシを動かすことです。
歯磨き粉は、少量にして泡立ちが少ないようにします。泡立ちが良すぎると、磨き残しが出てしまうためです。

粘膜の汚れを取る

粘膜に汚れがついたままですと、いくら歯を綺麗に磨いたとしても、雑菌が繁殖しやすくなりますので注意が必要です。粘膜の汚れを取るためには、綿棒や専用のスポンジなどで汚れをかきとっていきます。

 

綿棒を使用する際は、必ず水に濡らしましょう。乾いた状態の方が汚れが取れやすいですが、粘膜に傷が付いてしまいますので濡らして行うようにしていきます。

舌の汚れを取る

舌は定期的に掃除をしないと、汚れが付いてしまいます。舌が白くなっている場合は専用のブラシで汚れを取るようにしなければいけません。
舌は非常にデリケートですので、歯よりも優しく汚れを取るように意識しましょう。

 

口腔ケアを上手に行うポイント

元気な方の口腔ケアを行う場合は、「声掛け」が重要なポイントになります。

 

よくある失敗として、不十分な声掛けのまま口腔ケアをしようとして拒否されるケースです。

分かりやすく声かけを行い、今から口腔ケアをするということを認識してもらうようにします。そうすることによって協力的になってくれます。

 

また、義歯を取る際に上手く取れない場合があります。全義歯の場合は、失敗すると自分の指を噛まれてしまいケガをする可能性もあります。

ポイントとしては、義歯を取る場合は口の側面に指を入れて義歯の奥から取る方法です。決して前歯から義歯を取らないようにしましょう。側面から指を入れることによって噛まれることを防止できますし、奥に指を入れることでスムーズに義歯を取ることが出来ます。

 

 

以上口腔ケアの手順とコツでした。ぜひ参考にしてみてください。

 

介護知識の関連記事
  • 特養転職の方必見!従来型とユニット型(新型)特養の違いとは
  • 新人介護職員が知っておきたい入浴介助のコツ
  • 夜勤後の疲れが取れない介護職員へ。疲れを溜め込まない過ごし方とは
  • 「ラヒホイタヤ」って何?政府が検討する介護福祉士と保育士の資格統合
  • 介護業界トラブル別解決事例~退院後の生活が不安な方~
  • 【介護初心者向け】排泄介助の苦手を克服する3つのポイント
  • 現役職員が考える介護業界で働くやりがいや魅力とは?
  • 介護報酬の仕組みと介護報酬改定による介護職員への影響とは
あなたに合った求人が見つかる!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事