• 転職ノウハウ
    プロ直伝!介護業界の面接に受かる人・落ちる人6つの特徴とは 
  • 介護知識
    【目標の具体例】介護職員、新人・中堅・ベテランのキャリア別にご紹介
  • 介護知識
    ケアマネジャーは不要?AIに仕事を奪われる?ケアマネの今後の動向とは
  • 介護知識
    今すぐ使える!日勤・夜勤・ケース別の具体的な介護記録事例
  • 転職ノウハウ
    今かもしれない!介護職の辞め時を見極める6つのタイミング

私は大学を卒業してから18年間、介護業界で働いています。27歳で第一子を、30歳で第二子を出産しましたが、転職をすることで、子供がいても無理なく働き、スキルアップもしてきました。周りの職場のママさんも、多くの方が介護職と子育てを両立しています。

介護職の良いところは、自分の状況が変わるたびに仕事を変えることができることだと思います。ベースは介護の仕事と決めていても、様々な働き方があります。出産や子育てを機に介護業界から離れていく方がいらっしゃしますが、そう考える前にぜひこの記事を読んでほしいです。

お母さんが働きやすい環境は「休みやすいか」

私が考えるに、子育て中のお母さんが働きやすい介護の仕事は「休みやすいかどうか」。これに全てがかかっていると思います。特に子供が小さければ、病気や怪我がつきもの。それはもう仕方のないことなので、本来なら堂々と休めばいいのです。

しかしながら、そうするには介護の職場は人手が少なすぎるのも事実。お互いに嫌な思いをしないように、始めから休んでも何とか現場がまわる仕事を選ぶ方がストレスは少ないと思います。

では、どのような職場を選べはいいのでしょうか?私の転職経歴を基に紹介していきます。

子供がいなかった頃は施設で勤務

私は子供ができるまでは、ずっと施設で働いていました。老人保健施設と特別養護老人ホームです。一人目を妊娠して退職していたのですが、産後半年たって「さあ仕事を探そう!」と思った時に、施設の選択肢はありませんでした。

施設の仕事は大好きで、今でも「戻りたい」と思うことも。ただ、日勤の他に、早出遅出、夜勤まである仕事は子持ちには難しいと判断しました。なぜなら子供がいると急な休みはよくある話だから。保育所に行っていたので、そこからのお迎え要請もありえます。

 

そうなった場合に、ぎりぎりのローテーションで働いている施設勤務は周囲に大変迷惑をかけることになる、そう考えて諦めました。実際に私が働いていた施設では、フルタイムで働いている子持ちのお母さんは、ほとんどいませんでした。

有り難いことに、子供のことを考慮して、日勤だけの施設勤務の話も頂きました。しかし施設で働く以上、日勤しか来ませんというのは肩身の狭い思いをするだろうと思い、お断りしました。

子供がいるお母さんにはデイサービス勤務がオススメ!

そして私が選んだのがデイサービスの仕事。間違いなく、介護職で子持ちでも1番働きやすい職場だと考えています。
まず基本的にデイサービスは日勤帯のみのお仕事です。保育所に子供を預けてから仕事に行っても充分間に合いますし、お迎えの時間ももちろん間に合います。

またデイサービスは日曜日が休みのところが多いので、保育所が休みでも大丈夫。ただ、祝日は保育所は休みでもデイは営業していますので、その時はご主人が見るなり実家に預けるなり、仕事自体を休むなりで対応することになります。

 

今は沢山の種類のデイがありますが、1番お勧めなのは通常規模、定員30名前後のデイです。通常規模デイは、延長などの対応をしているところが少ないので、前述のように保育所のお迎えに間に合う時間に仕事が終わります。
さらに、何よりも職員の人数が多いというのがポイントです。1人休んでも、残りの人数が多いので、そう大変なことにはならずに周りがフォローすることが出来ます。
これが小規模デイ(定員10名前後)のところですと、その分職員の数が少なくなりますので、1人休むと業務が混乱してしまうことも。

 

私が0歳児を抱えて働き始めたのもこの通常規模デイでした。まわりはみんな主婦パート。子供が小さい職員も何人もいました。
みんながお互いの状況を理解しながら、フォローしながら働くことができて、とても良かったです。ちなみに、子供の保育所で出会ったお母さんで介護の仕事をしている方もいたのですが、ほとんどがデイ勤務でした。

 

訪問ヘルパーとして働くなら人数が多いところがオススメ!

その後訪問介護のサービス提供責任者の仕事をしたのですが、ヘルパーの仕事は事業所を選ばないとお母さんには働きづらいかもしれません。
ヘルパーのお仕事は必ず誰かが訪問しないといけないので、「直前に休みます」といってサービスに穴を空けるわけには行きません。ヘルパーをしていた時は、子供どころか自分が熱を出してもなかなか休めませんでした。

 

ただ、登録ヘルパーとして働くなら1日数時間、好きな曜日だけ働くことも可能ですし、家族の誰かが子供を見てくれる間だけ働くことができます。土日はただでさえ人手不足のヘルパーが特に少ないので、需要が多くあります。

また私は個人の経営する、とても小さい事業所で働いていましたが、大手でしっかりと人数を揃えているところであれば、早めに連絡することでそう問題なく休めるようです。

休みの融通が利くのはケアマネ

以上の経歴を経て、今私は居宅のケアマネージャーとして働いていますが、実は1番休みやすいのがこのケアマネの仕事。
自分でアポを取り、仕事を進めていくので「迷惑をかけるから休みにくい」というのは他の仕事に比べて格段に少ないです。自分で利用者様に頭を下げて予定を変更してもらわなければいけないですが、事業所に「休みます」と連絡する時のストレスに比べれば何てことはありません。

 

以上が私の転職経歴です。子供がいるお母さんにはデイサービスでの勤務、もしくはケアマネージャーとして働くことがオススメです。ただし、これはあくまでも私の経験から出た結論で、場合によっては他の方法もあるかと思います。介護業界の転職のプロに相談するのも1つの方法です。

 

 

子育ての経験は介護の仕事に生かすことができますし、介護職の経験は子育てに通じるものがあります。仕事と家庭を両立させるのは眼が回るような忙しさですが、仕事が楽しければ子育てのストレスが、子育てが楽しければ仕事のストレスが解消され、どちらか片方だけをするよりも精神的には安定します。

高齢者の方は子供の話を聞くのが大好きです。ぜひ子育て中であることを誇りに思い、臆することなく介護の仕事についてもらえたらと思います。

介護知識の関連記事
  • 新人介護職員が知っておきたい入浴介助のコツ
  • なぜ介護職の給料は上がりにくいのか?給料の仕組みを徹底解説!
  • 介護業界トラブル別解決事例~入浴介助編~
  • 介護の仕事を辞める前に確認するべき5つの項目
  • 介護職員のためのストレス度チェックと効果的な解消法まとめ
  • 今さら聞けない!「平均寿命が長い=健康大国ではない」ってどういうこと?
  • 感情を大切に。認知症の方へのケース別対応方法
  • 介護職員は押さえておこう!要介護と要支援の違い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
資格取得
介護口腔ケア推進士は、今後ますます介護の現場で求められる口腔ケアの大切さを広めるものと期待されています。 ここでは、誕生して日が浅い介護口腔...