グループホーム

グループホーム

 

グループホームとは介護保険では「認知症対応型共同生活介護」と呼ばれていて、認知症で生活に困難を抱えた高齢者が、認知症について高いレベルの知識を持ったスタッフの支援を受けられる介護福祉施設です。世界に先駆けて導入したスウェーデンを模範に、日本でも実施されるようになりました。家庭に近い環境で、入居者の能力に応じて掃除や料理などの役割を与え、自立した生活ができるよう支援が行われます。

 

また、入居者はそれぞれの個室はありますが、5~9人の少人数単位のグループを組み共同生活を行います。風呂、トイレ、食堂などは共同で使用する場合がほとんどです。グループホーム介護は基本的には医療面での支援は行わない介護であり、このように入居者の力を生かした自立支援を行い、できるだけ認知症の進行を遅らせることが目標とされます。

 

超高齢化が進み認知症にかかる高齢者の数が増えている現代において、徐々にではありますがグループホームの数は増えています。しかし、共同生活が困難なほどに身体状況が悪化したら退去しなくてはならなかったり、施設がある地域と同じ地域に住民票が必要であったりと、入居に条件が課されています。

 

 

ケアラビNEWSのトップに戻る

 

介護業界用語録トップに戻る

 

介護業界用語録カ行のトップに戻る