• 施設紹介
    ユニット型特別養護老人ホーム(特養)の介護職員の仕事内容とは?
  • 職種紹介
    【施設別の特徴まとめ】私に合う介護の職場はどこ?
  • 介護知識
    介護職員のためのストレス度チェックと効果的な解消法まとめ
  • 介護知識
    訪問介護と施設介護の違いとは?メリット・デメリットも解説
  • 人間関係スキル
    介護職を悩ませる人間関係!辛い職場の人間関係を改善する方法とは?
  • 資格取得
    介護業界の入り口に最適な「介護職員初任者研修」ってどんな資格?

2018年7月25日~7月27日、RE-CARE JAPAN~第3回リハビリ・介護予防サービスEXPO~が開催されています。
RE-CARE JAPANとは、介護予防・高齢者リハビリ・高齢者自立生活支援のための専門展です。

イベント概要

RE-CARE JAPANとは

「RE-CAREJAPAN」では、地域包括ケアシステムに代表される超高齢社会の現状と課題に関して、特に「介護予防、リハビリ、ケア」に関わる関連事業者の方々、関連諸団体、関係する技術者や専門家、そして自治体関係者の皆様が一堂に集い、現状認識の場、解決策についての探求の場、そして有益な情報交換の場としてご利用いただくことを期待し、今後益々増加する介護予防・高齢者リハビリ・介護マーケットに合わせ年々規模を拡大開催し、本業界に関わるキーパーソンが一堂に集まります。スポーツエビデンス・食事栄養エビデンスを持つ展示会と同時開催することで、QOLの高い自立生活を営む高齢者をサポートし、超高齢化社会の日本が抱える医療費用・社会福祉費用の適切な削減にも貢献していきます。

 

来場の対象者は、介護・福祉施設や病院・リハビリ施設、自治体など介護業界に携わる方です。興味がある方は、ぜひ参加してみてください。

入場料金

当日:2,000円

事前申し込み:無料

 

サイトから事前に申し込みをするだけで無料になるので、活用をおすすめします。

会場

東京ビックサイト
 10時少し前の様子。人がまばらに見えますが、この時ビックサイト内は既に受付待ちの人で一杯でした。

イベント詳細

RE-CARE JAPAN以外にも、以下のようなイベントが同時開催されており、会場は大勢の人で大盛況でした。

 

■スポーツ・健康に関する製品・サービスが一堂に集まる総合展
■フィットネスマシン・プログラム・サービスが集まるフィットネス総合展
■ホームヘルスケア・ホームフィットネス・ダイエット機器・用品の集まる専門展
■チームウェア・スポーツギア・グッズなどのスポーツアパレル・用品専門展
■スタジアム・アリーナ・体育館などのスポーツ施設専門展
■スポーツイベント・プロスポーツ興行・観戦向けサービス・設備専門展
■リラクゼーション、癒し、ストレス対策向け製品・サービス・技術専門展
■健康食品・機能性表示食品が集まる総合展

 

最新のスポーツ機器や健康食品なども同時に展示されています。

 

RE-CARE JAPANで気になった商品がいくつかありましたので、ご紹介します。

言語トレーニングロボット「PaPeRo i」(NECプラットフォームズ株式会社)

 

PaPeRo i(パペロアイ、以下パペロ)は、口腔機能訓練を支援するロボットで、介護施設などの高齢者向け施設を対象に、音声でガイドをしながら、高齢者やことばの訓練が必要な方に“ことばを話す”トレーニングを支援してくれます。

 

うるうるとした可愛らしい目にキュン!

 

片手で持つことができるくらい軽くコンパクトで、大きな目が特徴的なパペロ。人の顔を追いかけたり、口や頬についている赤いライトを点滅させたりと、とても表情豊か。そんな可愛らしい見た目とは反対に、賑やかな会場でもハッキリと聞こえるくらい大きな音量で、自ら音声でガイドしながらトレーニングを進めてくれる頼もしさがありました。

口腔機能訓練で活躍することはもちろん、パペロがいるだけでその場が和みそうです。

濡れない足湯「おもてなしあしゆ」(株式会社ユメロン黒川)

おもてなしあしゆは、お湯代わりにセラミックボールを使用しており、足湯気分を味わうことができる「足の岩盤浴」です。木枠の底には、遠赤外線を放射する岩盤石が敷いており、電熱ヒーターで温められています。岩盤浴と同じく遠赤外線を使用しており、15~20分の足浴で体の芯まで温まるとのことで、さっそく試してみました。

 

お湯がない足湯、初体験!

 

足をいれてみると、すぐに温かさが伝わり、数分後には身体全体がポカポカと温かくなりました。東京ビックサイトに訪問した日は、30度越えの猛暑日。「こんな暑い日に足湯?!」と初めは思っていましたが、不快感は全くなく、心地よい温かさでした。

 

足湯というと、冬に活躍するイメージでしたが、夏場でも冷房による冷えもあるため、季節を問わず活躍しそうです。

足が濡れないため、靴下を脱ぐ、足を拭くといった作業が発生しないためとても気軽でした。寒い冬場に、靴下を脱がなくても足湯を楽しめるのはいいですね。また、お湯を替えたり頻繁に清掃をしたりしなくていいので、メンテナンスが楽そうです。既にデイサービスで取り入れられているとのことでした。

 

つぶつぶのアップ!さらさらとしていました。

認知機能測定・訓練機器「ペグ・アモーレ」(株式会社シロク)

 

ペグ・アモーレは、たった2分で認知機能を測定することができます。従来の面談形式で行う検査を、ひとりでも簡単に測定することができます。また測定だけはでなく、認知機能の維持・向上にも効果があり、筑波大学との共同研究により検証を行っているとのことでした。

 

 

ペグ(細長い積み木のようなもの)を持ってスタート!

 

実際に体験をしてみましたが、ゲーム感覚で、とても楽しかったです。タッチパネルではなく、ペグを持つため指先を使用するので認知機能の測定制度が高く、訓練効果も高いそうです。

 

私が体験をしたのは、1~25の数字順にペグをいれていく訓練でしたが、楽しんでいるうちにあっという間に終了しました。
臨床研究データに基づいて5段階で評価をしてくれるのですが、私の結果は、☆4つ。平均が3なので、比較的良い結果でした。

 

☆とクリアに要した時間を教えてくれるので、自分がどのくらいのレベルなのか把握をすることができます。数字順にペグをいれる訓練以外にも、様々なモードがあるため飽きずに続けられそうです。

このようにペグを穴の中にさしていきます。

まだ発売はされておらず、10月頃を予定しているそうです。

認知症予防「アロマDay&Night」(株式会社 イー・エフ・インターナショナル)

認知機能の改善が期待できるとされる、ローズマリーとレモンの組み合わせ(Day)とラベンダーとオレンジの組み合わせ(Night)のアロマオイル。認知改善のアロマテラピーは、昼と夜に2時間ずつ香りをかぐことが効果的とされているそうです。

認知症対策以外にも、昼用のDayは集中力を高め記憶力を強化する効果、夜用のNightは心身をリラックスさせる沈静作用が期待できるとのことでした。

 

左:スプレータイプ 右:ロールオンタイプ

 

サンプルでいただいたアロマを持ち帰って早速試してみました。どちらも、リラックスのできる香りで癒されました。香水のようなツーンとした強い香りではなく、フワッと香るため、万人受けするのではないかと思います。

高齢者の方だけではなく、施設で働く介護職員の方も喜びそうです。

 

 

以上、RE-CARE JAPAN~第3回リハビリ・介護予防サービスEXPO~の参加レポートでした。

様々な新しい発見のあった有意義な時間を過ごすことができました。

 

介護知識の関連記事
  • ベテラン介護職員が教える!素早く介護用オムツ交換をするためのコツ
  • 介護報酬の仕組みと介護報酬改定による介護職員への影響とは
  • 7/25~7/27開催「RE-CARE JAPAN第3回リハビリ・介護予防サービスEXPO」レポート
  • 介護職員が知っておきたい高齢者の口腔ケアの手順とコツ
  • 夜勤専従の写真
    夏本番!正しい予防方法を知って、高齢者も自分も脱水症状から守ろう!
  • 【介護レク】脱マンネリの3つの方法と現場職員おすすめレク10選
  • 介護職員は押さえておこう!要介護と要支援の違い
  • 介護業界トラブル別解決事例~連絡が取れない身元引受人~

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事