• 資格取得
    2019年3月開始!新たな資格「スマート介護士」とは?
  • 介護知識
    腰痛に悩む介護職員へ!ボディメカニクスの活用で腰への負担を減らそう
  • 転職ノウハウ
    介護業界の面接で必ず聞かれる転職理由の考え方と回答例
  • 介護知識
    効果的なストレス解消法!ストレスフルな環境で頑張る介護職員へ
  • 介護知識
    介護現場で使える!秋にオススメのレクリエーションのネタ10選
  • アンケート
    あるかないかで大違い!介護現場で役立つグッズ5選◎

制度見直しにより、2018年からケアマネジャーの受験資格が変更され、より厳しくなります。ここでは、2018年以降のケアマネジャーの受験資格や試験の実施状況についてご紹介していきます。

ケアマネジャーの受験資格(2018年以降)

1、国家資格等に基づく業務5年

以下の国家資格を保有し、かつ各資格本来の業務に5年間従事した者。
該当資格:介護福祉士,看護師,准看護師,医師,歯科医師,歯科衛生士,薬剤師,保健師,助産師,理学療法士,作業療法士、視能訓練士,義肢装具士,言語聴覚士,社会福祉士,あん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師,柔道整復師,栄養士,管理栄養士,精神保健福祉士

2、生活相談員5年

特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人福祉施設、介護予防特定施設入居者生活介護などにおける生活相談員の業務が対象になります。

3、支援相談員5年

介護老人保健施設における支援相談員の業務が対象となります。

4、相談支援専門員5年

計画相談支援、障害児相談支援における相談支援専門員の業務が対象となります。

5、主任相談支援員5年

生活困窮者自立相談支援事業などにおける主任相談支援員の業務が対象となります。

実務経験の計算方法

実務経験期間の算定方法を、受験資格が発生する実務経験期間5年以上を満たすケースと満たさないケースの具体例と合わせてご紹介します。

【実務経験期間5年以上を満たすケース】

○国家資格等取得後の実務経験が5年の場合
介護福祉士登録日より、通所介護(デイサービス)で介護業務に5年従事することで受験資格を得られます。

 

○相談援助業務の実務経験が5年の場合
特定施設入居者生活介護事業所において、生活相談員として相談援助業務に5年従事することで受験資格を得られます。

 

○複数の受験資格対象業務を合算した実務経験が5年の場合
介護福祉士登録日より、介護老人福祉施設(特養)で 介護業務を2年と、介護老人福祉施設(特養)で生活相談員として相談援助業務に3年従事することで受験資格が得られます。
この他にも、受験資格対象業務同士であれば実務経験の合算が可能です。

【実務経験期間5年以上を満たさないケース】

○国家資格等を所有しているが、当該資格に基づく本来業務でない場合
薬剤師免許取得後、製薬会社の研究部門業務に5年従事していても、受験資格は得られません。直接的な対人援助業務でない、研究業務は対象外となるからです。この他、営業や事務業務も実務経験として認められません。

 

○国家資格等を所有しているが、実務経験が5年未満の場合
介護老人福祉施設(特養)において、介護業務に3年従事した後、介護福祉士の資格を獲得し、介護福祉士業務に2年していた場合も受験資格は得られません。介護福祉士取得前の期間は対象外となるため、この方の場合はあと3年で 受験資格が発生します。

 

○国家資格等を所有しない場合
訪問介護事業所において訪問介護員(ヘルパー2級)として介護業務に5年従事していた方も受験資格は得られません。
介護業務で受験する場合は、介護福祉士登録日以降の実務経験に限ります。

例:東京都の申込要件

ケアマネジャーは国家資格ではありません。試験は各都道府県で実施しているため、自分の受験する都道府県の実施団体の申込要件に沿って受験申込を行います。ここでは合格者数が最も多い東京都を例に申込要件を見てみましょう。

 

1 受験地が東京都であること
・申込日現在、受験資格該当業務に従事している場合、その勤務地が東京都であること。
・申込日現在、受験資格該当業務に従事していない場合、住所地が東京都であること。

 

2 対象となる資格及び業務内容で一定の実務経験を満たすこと
国家資格等に基づく業務経験及び相談援助業務経験の期間が通算して5年以上であり、かつ、当該業務への従事日数が900日以上であること。

試験実施状況

合格率と受験者・合格者数推移

引用(厚生労働省:第20回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

 

厚生労働省によると、ケアマネの合格率は、第1回(1998年)は44.1%だったものが、第14回(2011年)からは20%を切り、10%台が続き、第19回(2016年)では13.1%でした。

 

しかし、昨年実施の第20回(2017年)では合格率は21.5 %にアップしました。
前回の試験に比べ、受験者数は7,000人、合格者数は12,000人程増えているのがわかります。
受験者数以上に合格者数の伸びが大きかったため、結果的に合格率が大幅アップしたといえます。合格者数が多かったのは、試験問題難易度に対して合格基準点が易しかったことが推測されます。

 

 


引用(厚生労働省:第20回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

 

また、都道府県別に見ると合格者数第1位は東京都の2,848人、第2位は大阪府の2,271人でした。神奈川県が第三位で、合格者数は1,948人でした。

 

 


引用(厚生労働省:第20回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

 

次に職種別合格者数をみると、第20回で最も合格者数が多かったのは 19,838 人合格の介護福祉士で、全体の70%を占めていることがわかります。
第2位は4,496 人合格の相談援助業務従事者・介護等業務従事者で、第3位は2,413 人合格の看護師、准看護師でした。

まとめ

ケアマネジャーの受験資格が変更されたことで、これからケアマネジャーを目指す人にはハードルが少し上がったように感じますね。しかし、実務経験を積み、試験の準備をしっかりして望めば合格は得られるはずです。

 

一般的な介護職員に比べ、給与も多めの専門職であるケアマネジャー。皆さんのキャリアのステップアップのためにも、是非合格を目指して試験にチャレンジしていきましょう!

 

《私の介護資格取得方法》ケアマネジャー編~働きながら自宅学習した方法~
2018.4.4
ケアマネジャー(以下、ケアマネ)は介護関係の資格の中でも人気のある資格であり、多くの方が受験をしています。しかしケアマネの合格率は20%と非常に低く、都道府県によっては15%を切る難関の資格です。 ここでは働きながら自宅学習したKさん(仮名)ついてご紹介していきます。 そもそもケアマネを目指した理由...…
ケアマネとして10年働いたからこそ伝えられる現実
2018.4.5
介護業界でのステップアップや専門知識を高めたいと考えている方なら、ケアマネを目指す人もいらっしゃるかと思います。ケアマネの仕事内容や流れは分かっても、実際にケアマネとして働く大変さって何だろう?今回はケアマネ歴10年のベテランがケアマネの仕事へのこだわりから大変なこと、辞めたくなるときなど赤裸々に語...…
ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事内容・資格・給与とは
2018.3.5
超高齢化が進む現代において、高度な専門知識を身につけ、要介護者ひとりひとりに合ったケアプランを作成するケアマネジャー(介護支援専門員)がより必要となっています。ケアマネジャーの役割から仕事の内容や範囲、ケアマネジャーになるための受験資格、給与ついてまとめました。 ケアマネジャーは介護保険のプロフェッ...…
資格取得の関連記事
  • 《私の介護資格取得方法》全身性ガイドヘルパー~全身性障害者の移動支援~
  • 認定介護福祉士とは?介護福祉士との違いや認定介護福祉士になるには
  • 《私の介護資格取得方法》ケアマネジャー編~働きながら自宅学習した方法~
  • 《私の介護資格取得方法》介護福祉士~専門学校卒業と同時に取得~
  • 介護業界の入り口に最適な「介護職員初任者研修」ってどんな資格?
  • 知らないとマズイ!ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違い
  • 2019年3月開始!新たな資格「スマート介護士」とは?
  • 2018年から変更あり!ケアマネジャー(介護支援専門員)の受験資格

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事