• 介護知識
    訪問介護と施設介護の違いとは?メリット・デメリットも解説
  • 資格取得
    介護業界の入り口に最適な「介護職員初任者研修」ってどんな資格?
  • 介護知識
    介護職員のためのストレス度チェックと効果的な解消法まとめ
  • 職種紹介
    【施設別の特徴まとめ】私に合う介護の職場はどこ?
  • 施設紹介
    ユニット型特別養護老人ホーム(特養)の介護職員の仕事内容とは?
  • 人間関係スキル
    介護職を悩ませる人間関係!辛い職場の人間関係を改善する方法とは?

需要拡大する介護職員

厚生労働省によると、公的介護保険がスタートした2000年から15年度までには、要介護認定者256万人から620万人まで増加しています。年齢別でみると、75歳以上が約86%を占めています。

 

25年には5人に1人が75歳以上になる日本。介護職の需要は高まるばかりです。

また、政府は介護人材確保のため、処遇改善手当(介護福祉士に年96万円)の支払いなど前向きな動きを見せています。

※参照「厚生労働省・平成27年介護保険事業所報告」

 

介護職員が37・7万人不足! 売り手市場の介護業界

団塊の世代が75歳以上になる2025年問題。
厚生労働省が報道機関に発表した情報によると、この25年に必要な介護職員数は253万人。

しかし、人材の供給見込みは215.2万人。需要ギャップは約37・7万人にも上る見通しです。

※参照「厚生労働省・2025年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について※平成27年度報道」

 

人手不足に合わせて介護ロボットの開発の話しはあります。しかし、実際は専門的な介護は難しいと言われています。家庭にあるお掃除ロボット程度が現状、限界のサービスです。
例えば、訪問介護で患者さんの部屋の様子を見て、心身を把握するなどは専門性を持った介護職員にしかできないことです。

 

未経験・無資格でもやる気があればOK

つまり、介護職員として一歩踏み出せば、業界から大歓迎です。キャリア、専門的な資格の前に「やりたい」という前向きな気持ちさえあれば、受け入れてもらえる業界です。

 

「経験なしで40代だけど」、「今までの転職が多いので」、そんなことは問題ありません。やる気や人柄を見て歓迎してくれます。もちろん、スキルアップやキャリアアップのための転職も待っています。

 

「介護業界で働きたい」、「転職したい」と思っていても、「介護はキツイから」と言う周りの人がいたら、それは時代錯誤です。現在は、国を挙げて人材を確保して処遇改善が行われている最中です。とても価値の高い職業として社会から認知されています。介護職と言っても、介護福祉士やヘルパーなどさまざまですが、どれもやりがいの大きな仕事です。

 

患者さんのできないが、「できる」に変わる喜びを一緒に味わえる感動の連続です。
こんなにも必要とされ、頼りにされる仕事はそうそうありません。

介護職員の処遇改善の動向

業界や政府が一丸となって、働きやすい環境作りが進んでいる介護職ですが、まだまだ「給料が少ない」ので、「大黒柱としては心配」とする声は少なくありません。

 

たしかに、介護職より月給の高い業種は多々あります。しかし、介護保険制度が始まったのは2000年です。それから拡大した、まだ若い業界でもあるのです。勤続年数が少ない人が多いこともありますが、パートタイムの時給だけで見ると高い方です。

 

また、政府は介護保険に「処遇改善加算」を導入しています。

介護事業所が職員の処遇改善をすれば、介護報酬が増える仕組みがあります。これから、介護事業所での格差は大きくなっていくでしょう。より処遇のいい事業所に人が集まる流れが出てくると予想されています。これは、業界で働く職員にはとてもいい傾向ですが、転職は早い者勝ちになってしまうでしょう。

 

※平成29年4月1日から職員1人あたり最大で月額37,000円支給
厚生労働省「介護職員処遇改善加算のご案内」

 

 

介護職の将来性や可能性は、需要に比例して高まっています。
イメージばかりが先行する業界ですが、お近くの病院や介護施設などに足を運んでみてはいかがでしょうか。現場では、生き生きとしたスタッフさんや充実した患者さんが背中を押してくれます。

介護知識の関連記事
  • 【介護施設】長寿祝いで知っておきたい常識と気をつけるべきこと
  • 初めて介護業界に入る方が知っておきたい4つの心構えとは
  • 介護保険について徹底解説!介護職員なら押さえておきたい制度やサービス内容
  • 約6割が「満足」外国籍の介護士を受け入れた介護施設の反応とは?
  • “高齢者”が65歳以上はもう古い?!日本老年医学会による再定義の提言
  • 今さら聞けない!「平均寿命が長い=健康大国ではない」ってどういうこと?
  • 【介護初心者向け】排泄介助の苦手を克服する3つのポイント
  • 介護業界トラブル別解決事例~面会謝絶のトラブル~

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事