• 職種紹介
    【施設別の特徴まとめ】私に合う介護の職場はどこ?
  • 人間関係スキル
    介護職を悩ませる人間関係!辛い職場の人間関係を改善する方法とは?
  • 資格取得
    介護業界の入り口に最適な「介護職員初任者研修」ってどんな資格?
  • 施設紹介
    ユニット型特別養護老人ホーム(特養)の介護職員の仕事内容とは?
  • 介護知識
    介護職員のためのストレス度チェックと効果的な解消法まとめ
  • 介護知識
    訪問介護と施設介護の違いとは?メリット・デメリットも解説

近年の車椅子は種類が豊富です。介護職員であれば、車椅子を使用する機会が多いかと思います。

今回は、介護職員が知っておきたい車いすの種類について解説していきます。

標準タイプ

高齢者施設や在宅介護などの現場で最も頻繁に使用されるスタンダードな車いすです。

標準タイプの中にも2種類あります。

 

自走用

・高齢者の方が自ら手足で操作して移動するタイプ
・後輪タイヤが大きく自分でこぐためのハンドルがついている
・介助ブレーキがない
・比較的体力のある高齢者向け

 

介助用

・介護者がグリップを握って後ろから押して移動
・後輪のタイヤが小さい
・介助ブレーキがある
・自走用に比べ小さい分、持ち運びや収納力
・手足がほとんど動かせなかったり、あまり外出しない方向け

モジュールタイプ

座面の高さや車輪の大きさなどを複数ある候補から選べる車いすです。標準タイプに比べて、より高齢者の方の身体に合った車いすを安価で購入できます。

リクライニング・ティルトタイプ

標準タイプのまっすぐな背もたれだと負担が大きく感じられる方向けの車いすです。背もたれのみ(リクライニング式)、もしくは背もたれと座面(ティルト式)が可動式になっていて乗車する方にとって楽な座位姿勢に調整することができます。標準タイプと同様に、自走用と介助用が選べる場合がほとんどです。

電動タイプ

車輪を電動で動かせるタイプの車いすです。手元にあるリモコンで操作ができるため、高齢者の方が疲れることなく自分の意志で移動ができる点がメリットです。一方で、充電式のバッテリーが原動力となるため、かなりの重さがあるという点がデメリットだと考えられます。

車椅子のタイプの選び方

このように、車椅子には大きく分けて4つのタイプがあります。

利用者の方に車椅子を選ぶことはあまりないとは思いますが、車椅子がその方に合っているのか判断する目安にはなりますので、ぜひ車椅子の選び方を参考にしていただければと思います。

乗車する方の状態

・自力で車いすを乗り降りできるか
・座った姿勢をどれくらい保てるか
・自力で車いすを操作できるか

車いすを使用する場所

・主に使う場所はどこか
・その場所のバリアフリー度合いはどうか
・車いす以外に使用している福祉用具はあるか

介護者の状況を確認する

・介護にどれくらいコミットできるのか
・車いす操作の経験はあるか

 

 

以上の3つの環境をチェックして、
1 自走用or介助用
2 標準タイプorモジュールタイプ
3 リクライニング・ティルト機能ありorなし

の選択肢を考慮すると、スムーズに適した車いすを選べるはずです。

車椅子のサイズの選び方

タイプの選び方を理解したら、利用する方の身体のサイズに合っているか確認してしましょう。
主に6つの部分にサイズの違いが表れますので、それぞれの車いすで測ってみてください。

前座高

座った際に膝からつま先があたる部分、座面からフットサポートまでの長さです。膝下の長さに5cm足した高さが乗降しやすいと言われています。足でこぐタイプを選んだ方は、これに1,2cm足すとちょうど良いでしょう。股関節が思うように動かない方は高めの車いすを選ぶとより快適に移動できます。

座面幅

両肘掛けのパイプとパイプの間を指します。お尻のサイドに手のひらが入る程度のゆとりが必要です。お尻の幅に4,5cmをプラスした数値が目安になります。

グリップの高さ

介護者が握る持ち手から地面までの高さを指します。介護者がグリップを握った際に、肘が軽く曲がって力が入れられる位置が良いです。介護者のへその高さが一般的です。

肘掛けの高さ

座面から肘掛けまでの高さを指します。座面に腰かけて、肘を直角に曲げた高さよりも2,3cm高めが楽な姿勢です。座面にクッションを敷く場合は、その厚みを加えることを忘れないようにしましょう。

フットサポートの高さ

足置きの位置を指します。床から5cm以上離して、太ももが軽く座面に触れるくらいがちょうどよいです。

背もたれのサイズ

バックサポートと呼ばれることもあります。自走用を選んだ方は、座面から肩甲骨の下部までに4,5cmのゆとりを加えた数値に近いサイズが良いとされています。

 

利用する方に完全にぴったりのサイズがあるとは考えづらいので、これらの数値を目安にできるだけ身体のサイズに合った車いすを選ぶようにしましょう!

 

 

今回は一般的な車いすの種別を紹介しましたが、これ以外にも軽量タイプやスポーツタイプなど細かい特徴を持った車いすが続々と開発されています。福祉機器の展示会など実際に商品に触れられる機会を上手に活用しましょう。

 

また車椅子の使い方と注意点に関してはコチラをご覧ください。

介護知識の関連記事
  • 効果的なストレス解消法!ストレスフルな環境で頑張る介護職員へ
  • 他人事じゃない!介護拒否の原因・対応策を知っておこう!
  • 知っておきたい車椅子のこと~種類とサイズ~
  • 介護施設のクレーム事例からみる利用者様家族への対応方法
  • 認知症ケアの奇跡「ユマニチュード」の導入から実践までの流れ
  • 今さら聞けない!「平均寿命が長い=健康大国ではない」ってどういうこと?
  • 介護業界トラブル別解決事例~食事制限が出来ない方~
  • 夜勤後の疲れが取れない介護職員へ。疲れを溜め込まない過ごし方とは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事